Areng River, Cardamom Mountains               

カンボジア・中央カルダモン

東南アジア最大の原生森林地帯

© CI/photo by David Emmett

 

【現地からの最新情報】
2017年5月 エコツーリズムプログラム開発など

中央カルダモン保護林

カンボジア西部に広がるカルダモン山地は、東南アジアで最も原生的な森林地帯のひとつです。カンボジア最大の降水量があり、ここに降り注ぐ豊かな雨が北のトンレサップ湖、南のタイ湾に注ぎ込んでいます。中央カルダモン保護林は、カルダモン山地の中心部に約40万ヘクタールに広がる保護区です。3万人の人々がここから流れ出る水に飲料水を頼り、また、カンボジアの主要産業である農業と漁業は、カルダモン山地を水源とする水に大きく依存しています。 

カルダモン山地は、そのアクセス性の悪さから、長年森林破壊の危機から免れてきましたが、不幸な時代をくぐりぬけ、国が落ち着くと共に外圧にさらされるようになると、違法伐採、密猟、農地転換に直面するようになりました。 

CIは、2002年の中央カルダモン保護林の設立当初から、その管理を支援しています。

活動

地元コミュニティの支援
地元コミュニティが自然を破壊せずに豊かに暮らしていけるよう、保全契約を用いた支援を行っています。保全契約の下、コミュニティは、森林伐採や密猟をしない代わりに、農業支援や学校の先生のお給料、エコツーリズム開発など、コミュニティの発展に向けた便益を受取っています。

違法行為の取締まり
管理計画の作成、管理の効率化のための技術トレーニング、コミュニティとの連携など、政府による保護林の管理を支援しています。政府レンジャーに加え、コミュニティレンジャーもパトロールを実施し、違法行為の取り締まりに貢献しています。

トラストファンド
広大な保護区を保全していくためには、長期にわたって資金が必要です。そのための手段の一つに、トラストファンドがあります。まとまった額の原資を運用することで、永続的に運用益を生み出すという金融手段であり、保護地域の管理費を賄う方法として、世界的に多くの実績があります。2016年1月、中央カルダモン保護林の管理のため、トラストファンドが立ち上げられました。現在、目標の1千万ドルの1/4が集まっています。

◆本プロジェクトはダイキン工業株式会社の支援を受けています。 ダイキン工業とのパートナーシップについてはこちら

現地からのお便り一覧