自然再生基金

生態系保全と回復を促進する、再生型農業への投資

© Maria Doerr

農業には、きれいな水や健全な土壌、受粉など、自然機能が欠かせません。 しかし、ほとんどの農業は、土地を枯渇させ、環境を悪化させます。 農業は、毎年起こる森林破壊要因の80%を占めており、世界的な生物多様性損失の主な原因となっています。


農業拡大による森林の損失は、農場における非持続的な農業習慣と相まって、世界の炭素排出量の13%をも占め、気候危機を助長し続けています。 さらに、農業セクターは大量の合成化学物質を使用しており、灌漑と堆積によって、淡水システムにも負の影響を与えています。

土壌、水、生物多様性の状態を再生させることができるなら、農地は炭素を隔離し、気候変動の影響を緩和し、生物多様性の損失も食い止めることができます。 これは、自然環境を回復し、環境上での利益をもたらす農業と放牧の実践となる再生型農業の効果です。 研究によると、農地/農業がより良い慣習へ移行するだけで、地球規模での気候目標を達成するために必要な気候対策のうち、ほぼ3分の1を占めることができる可能性があるのです。


私たちの目的

 

土地管理の改善
自然を保護し、気候への影響を軽減しつつも生産性を最適化するために必要な農業慣行を特定していく必要があります。
大規模なイノベーションを起こす
これらの慣行を大規模に迅速に採用するために必要な知識とインセンティブ(金銭的またはその他)を提供する必要があります。

 

 

「自然再生基金」は、ケリングとコンサベーション・インターナショナルのパートナーシップです。今後5年間、500万ユーロ(610万米ドル)の基金では、次のことを目的として、世界各地の優れた革新的な再生型農業プロジェクトを支援します。

  • 土壌が炭素を隔離しながら、水分を保持するような土壌機能やその他の要素の改善力を高める
  • 農場と周辺のランドスケープにおいて、生物多様性(在来の動植物種とその生息地を含む)を保護、回復、強化する(自然生態系の転換や劣化の回避を含む)
  • 生産者の生活向上を支える
  • 自然のプロセスを促進する(劣化させない)、生態学的手法を採用し、合成農薬投入物の使用をなくす
  • アニマルウェルフェアを向上させる

再生型農業プロジェクトは、レザー、綿、ウール、カシミアを生産する農業と家畜に依存するファッション産業において、原材料の生産に変革を起こす可能性を秘めています。 私たちの目的は、継続した生産を可能にする土地の長期的な実行可能性を保証するような、農業システムを支援することです。

自然再生基金は、農場でのより良い農業慣行を促進し、より広範な生態系の利益につなげます。 基金が拡大するにつれて、再生型農業へのさらなる投資のための実証を提供していきます。

 

自然再生基金について詳しく
※英語

Visit Kering.com

自然再生基金へ応募する
※英語

Apply now

基金の詳細

  • 基金の規模:プロジェクトあたり€100,000– 500,000(US $ 123,000 – 615,000)
  • 基金の種類:助成金
  • プロジェクト期間:1〜3年
  • 応募資格:FAQを参照してください
  • 選考プロセス:申請は毎年1月28日から4月30日まで受け付け
  • プライオリティ:この基金はまず、レザー、綿、ウール、カシミアに焦点を当て、ファッション業界の鍵となる他の農業原料に拡大する可能性を目指しています。 これらの投資は、自然生息地の保全と回復、土壌保全の実践の促進、化学物質の過度の使用の排除に焦点を当てます。
    対象国:アルゼンチン、オーストラリア、中国、フランス、ギリシャ、インド、アイルランド、イタリア、モンゴル、モロッコ、ニュージーランド、ペルー、南アフリカ、スペイン、トルコ、英国、米国。
© Conservation International/photo by Jeannicq Randrianarisoa

ケリング:持続可能性への取り組み

国際的なラグジュアリーグループのケリングは、ファッション、レザーグッズ、ジュエリー&ウォッチにおいて、一連の有名ブランドを展開しています。ケリングアイウェアに加え、グッチ、サンローラン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーン、ブリオーニ、ブシュロン、ポメラート、 ドド、キーリン、ユリス・ナルダン、ジラール・ペルゴなどのブランドがあります。

自然再生基金は、原材料の生産に関わる100万ヘクタールの農場および土地を、今後5年間で再生型農業に変換していくことを目指しています。この基金は、2025年までに“ネット・ポジティブ(全体でプラスとなる)”な環境保全を実現する、というケリングの目標を達成するための重要なステップです。また、サプライチェーンの外部にある極めて重要で代替不可能な生息環境を、100万ヘクタールにわたって保護するという目標と合わせて、合計200万ヘクタールを環境再生型農業へ変換させることを目指します。ケリングについて>

© Conservation International/photo by Tory Read

再生型農業への移行を推進

コンサベーション・インターナショナルは、環境再生型農業が人間、自然、気候など地球規模の課題に対する解決法となる、新たな時代を牽引します。科学、現場での実践、企業や政府との協働など、さまざまパートナーシップにより、環境再生型農業のための共通ビジョンを掲げてステークホルダーを調整し、連携を促し、目標を実現するためのマルチステークホルダー・コラボレーションを展開させます。自然再生基金の共同創設者として、科学的知見を活用して基金の運用を支援します。投資収益率とプラスの影響を最大化するための分析を経て、助成の対象となる主要商品の最も重要な生産地域を決定しました。この分析では、炭素と自然資本の価値、および現在直面している脅威の程度に基づいて、生産地域に優先順位を付けています。さらに、CIは基金の運用を管理し、プロジェクトの選択と実施に重要な技術的インプットを提供します。

今後も企業や業界団体と協力して、働きかけを行い、ファッションマーケットを環境に優しい仕組みと組み合わせ、企業がより持続可能な生産を実施できるよう支援します。

基金、ファッション、そしてその先へ

自然再生基金に関する、ケリングとCIのパートナーシップは、ファッション業界と保全の関わりにおいて画期的な出来事です。 私たちの目標は、ファッション業界がより持続可能へ向かうためのベストプラクティスを示すために、時間をかけて基金を拡大していくことです。 これらの概念実証された投資活動を通じて、農業が気候変動と生物多様性の損失に対する世界的な解決策を提供できることを示していきます。



コンサベーション・インターナショナルとケリングは、農業への再生型アプローチへの関心が高まっていることから、気候、生物多様性、地域社会のベネフィットを生み出すよう設計された保全プログラムへの投資を増やすために、ファッション業界の枠を超えて基金を拡大することを想定しています。

ファッション産業と食品産業どちらも、商品の生産を農場(周囲の自然景観を含む)や生産者に事業の存続を依存しているので、再生型農業を実践することは、世界的な気候問題と地域コミュニティの生活を支えながら、これら原材料の長期的な供給を保証します。 私たちは、環境再生型アプローチに協力していただける投資家の方を求めています。 厳密に選ばれた地域の農産物に関わる全体のステークホルダーたちと協力し合うことで、大切な地域で持続可能な方法で、商品を生産するための資金を調達することができるのです。

共同支援者になりませんか?

このパートナーシップを通じて、コンサベーション・インターナショナルとケリングは、農業生産のより持続可能で再生可能な開発モデルへの転換を支援します。 共同支援者としてぜひご参加いただき、環境へのプラスの影響を拡大するお手伝いをしていただけませんか?少なくとも2300万ユーロ(2500万米ドル)に増やすためのパートナーを探しています。 お問い合わせはこちら