Chiapas, Mexico.

サステナブル・コーヒー・ チャレンジ

メキシコ、チアパス州

© CI/Miguel Ángel de la Cueva

 

 

Sustainable Coffee Challenge logo

「サステナブル・コーヒー・チャレンジ(Sustainable Coffee Challenge:SCC)」は、コーヒーを真に持続可能な農産物とするために立ち上がったイニシアティブです。

コーヒー生産者が繁栄し、かつ、森林や水、土壌などの自然も保全されるような、コーヒー業界のあり方を目指して、生産者、小売業者、焙煎業者、貿易業者、認証機関、政府など、多様な関係者が集まった連合です。

将来のコーヒー需要を満たすためには、コーヒーを持続可能な形で生産および調達することがカギです。

気候変動は、既にコーヒーの生育条件に影響を及ぼしており、コーヒーの市場価格は不安定です。そして、コーヒーの樹や葉の老化は、生産性を落とし、また、次世代のコーヒー生産者たちは、他の代替生計手段を模索しています。

こうした複雑な要因が絡まった問題の解決には、セクターを越えた連携とコミットメントが必要です。

個々の消費者、企業、また組織には、それぞれの役目があります。

SCCは、コーヒーを世界で初の真に持続可能な農産物とするために、必要な行動と投資を集め、関係者間での連携を促します。SCCは、バリューチェーン全体を持続可能にし、将来のコーヒーの需要を満たすために、政策レベルから最終消費者まで巻き込みます。市場による持続可能なコーヒーへの需要を促進することで、持続可能な生産への移行を可能にし、私たちが飲むコーヒーが持続可能への投資へとつながるのです。