Essequibo River — longest river in Guyana, and the largest river between the Orinoco and Amazon — flows to the north for 1,010 km through forest and savanna into the Atlantic Ocean.

ブラジル・アマパ

生物多様性コリドー森林保全プロジェクト

© Pete Oxford/iLCP

【現地からの最新情報】

 

アマパ州は、アマゾン川の河口の北部、赤道直下に位置します。世界最大の熱帯雨林であるアマゾンの一角をなし、ギアナ高地の一部でもあります。州面積の76%を占める複数の保全地域は、連続した熱帯保全林として世界最大のアマパ生物多様性コリドー(1,065万ヘクタール)の一部をなし、極めて豊かな生物多様性の宝庫です。

州内の天然林は、その92%が未だ原生的な状態にあり、森で採れる様々な果実や森から流れ出る水に支えられた漁業や農業を通じて州の経済を支えてきました。一方で、近年の国内電力網への連結や他州での開発制限の影響を受け、アマパ州の開発が加速しています。州の産業経済の構造が大きく変化する今、持続可能性を開発の柱に組み込み、森林を適切に利用・管理していくことが重要です。

プロジェクトでは、木材及び非木材林産物の持続的生産や環境配慮型農業の導入を通じた森林の持続的な管理・活用の推進、そして、普及啓発に取り組んでいます。

 

活動

森林資源の持続可能な利用・管理

コミュニティが森林から経済的便益を得られるよう、アンディローバオイル等の非木材林産物の採取・加工・商品化や低インパクト伐採に関するトレーニングなどを実施しています。

アグロエコロジー

持続可能な農業のコミュニティへの導入のため、アサイーやクプアス等の有機肥料を用いた生産に取り組んでいます。マーケティングなどのトレーニングも行なっています。

普及啓発

森林が環境面だけでなく、社会面、経済面でも大きな便益をもたらしていることの理解を深め、アマパ生物多様性コリドーの広域保全を強化するため、それぞれの保護地域の広報戦略づくりと、保護地域間で連携するためのメカニズム作りに取り組んでいます。

​◆本プロジェクトはダイキン工業株式会社の支援を受けています。 ダイキン工業とのパートナーシップについてはこちら

<関連リンク>