リベリア

東ニンバ自然保護区の保全事業

© Liam Walsh

 

【現地からの最新情報】
2017年5月 豚舎が完成し、コミュニティに引き渡されました!

アフリカ全土の哺乳類種の四分の一以上が生息し、20種もの霊長類が暮らす西アフリカ・ギニア森林ホットスポットは、他に行き場のない野生生物に生息地をかろうじて提供しています。リベリアは、そのほぼ全土が西アフリカ・ギニア森林ホットスポットに含まれ、衛星画像でみると、森林が失われてしまった周辺の国々の間に浮かぶ緑の島のようです。

リベリアに残された森林は、世界的に重要な生物多様性の保全にとって重要であると同時に、リベリアの人々にっても、森林からの様々な産物、エコツーリズムの機会、その他の生態系サービスを生み出す生活の基盤です。熱帯雨林の広がる東ニンバ自然保護区の周囲では、コミュニティが何世代にもわたって森と共に暮らしてきました。しかし、コミュニティの人口増加に伴い、森林への圧力が増大し、豊かな森あってこそ成り立つ生活が危機にさらされています。

活動

保全契約
保全契約は、地元コミュニティによる持続的な自然資源管理の実現を目指す手法です。コミュニティが森林を伐採することなく、豊かに暮らしていけるよう、コミュニティとの話し合いで決められた農業技術の支援などを提供する計画です。

環境教育と普及啓発
生物多様性の保全の重要性に対する理解の普及のため、演劇なども取り入れた活動を実施します。また、東ニンバ自然保護区の周りの小学校での環境クラブ活動、ニンバ郡コミュニティカレッジでの定期的な保全フォーラムの実施を通じて、次世代の育成も行っています。

Liberia
© Liam Walsh

◆本プロジェクトはダイキン工業株式会社の支援を受けています。 ダイキン工業とのパートナーシップについてはこちら

<関連リンク>

現地からのお便り一覧