我々 は、すべて食品、新鮮な水と生活のために依存性質の保護
Monte Pascoal National Park (Portuguese: Parque Nacional e Histórico do Monte Pascoal) is a national park in the state of Bahia, Brazil. The park is classified as IUCN protected area category II (national park). It has the objectives of preserving natural ecosystems of great ecological relevance and scenic beauty, enabling scientific research, environmental education, outdoors recreation and eco-tourism.

アマゾンの森林火災

2019年のアマゾン火災に関するリアルタイムデータ

© Flavio Forner / Conservation International

 

2019年のアマゾン森林火災に関するニュースは世界中で取り上げられましたが、これにはさらなる事実があります。
コンサベーション・インターナショナルの分析から、どこで火災が発生し、なぜそれが問題であるのかが明らかにされつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

*NASA MODIS AquaとMODIS Terra人工衛星により、30%以上の信頼度で検知された火災のモニタリングデータ。過去48時間に発生したところは、赤、過去7日間に発生したところはオレンジ、そして今回2019年7月1日以降の発生しているところは黄色で表されている。保護区、また、先住民の土地、森林被覆を見るには、左上のメニューから選択。保護区データソースはこちら

 

さらなる事実

 

2019年の8月は、この5年間で最も
森林火災が深刻な月の一つだった

アマゾンの「火災シーズン」は、一般的にこの地域の農家が農作物を育てるために土地を焼き払う7月から始まります。火は、熱帯林を焼き払うのに主に使われる手段です。乾季には、農業目的の火は制御できないほど大きくなり、森林破壊や森林劣化を引き起こしています。

 

アマゾンではより深刻な年が以前もあった

この表が示すように、2005年以降アマゾンでは2019年に見られる火災よりもさらに頻発した年がありました。しかしながら、周期的な自然の乾季はエルニーニョ現象と関連していますが、気候変動によって引き起こされる乾燥のため、より頻繁で深刻な干ばつや火災が発生するようになっています。だからこそ、CIのアマゾン再生アライアンスでは、気候変動に対する自然のレジリエンスを高めるためにブラジルの土地を修復しています。農家による焼き畑減らすための戦略の一つとして、アグロフォレストリーというシステムを推進しています。

 

半分以上の火災が森林内あるいは付近で発生している

4分の1以上の火災は森林地帯で発生しており、さらに3分の1の火災は、森林農園のふち(1)で起こっています。そのため森林の境界付近は乾燥し、より火災や干ばつの被害に遭いやすくなります。そして、森林の劣化は熱帯林は枯死を引き起こし、草や低木に変わります。こうして熱帯林は永久的に、より多くの火災を極めて引き起こしやすい草本や低木に変化してしまうのです。

 

ほとんどの火災(2)は保護区や先住民の居住地以外の場所で起こっている

どこで火災が起こっているのかを知れば、そうした土地の所有者や管理者に対して、適切な措置を取るために働きかけることができます。一つは、現在、そして将来予測される森林乾燥に関して環境教育を農家の人々に行い、焼き畑を止めてもらう方法です。また、CIのパートナーである、ボリビアのFundacion Amigos de La Naturalezaでは、火が広がる前に即座に火を制御できるよう、火災報知機を使って、地元のコミュニティや防火隊をサポートしています。

 

ブラジルでは、法定アマゾン地域(3)保護区や先住民の土地の外での森林伐採が近年増えている

公有地では、ほとんどの森林伐採が農村集落や公有財産で発生しています。地球上で最も優れた自然管理者のグループである先住民は、周囲の自然、自分たちの生活への新しい脅威をモニタリングするのに必要なデータや技術、資源へのタイムリーで一貫したアクセスを持っていないことが多くあります。CIの「先住民主導の土地管理のための地球観測(Earth Observations for Indigenous-led Land Management:EO4IM)」は、地元住民が土地の状態をモニタリングし、保全や土地管理について、彼らの知見にもとづいた判断を下せるようサポートするために、地理空間ツールの技術的な能力開発トレーニングを実施しています。

 

大豆と牛肉のともにブラジルの火事頻発地域で生産されている。それは国内外の需要に左右される。

Brasil_soy_sustainability_risks_MAP
© www.trase.earth

ブラジルは大豆生産で世界をリードしており、さらに世界最大の牛肉輸出国でもあります。トレイス(Trase)データを見ると、牛肉や大豆の輸入国や企業のサプライチェーンを追跡し、2019年の火災発生率が最も高かった50か所のアマゾンの地方自治体において、購買のパターンを突き止めることができます(4)。中国(メインランド)、EU、ブラジルが、火災が頻発する地域から大豆を購入する主な国です。そして中国(香港)、エジプト、ロシアが、火災が頻発する地域から牛肉を購入する主な国ですが、ほとんどの牛肉はブラジル国内で消費されています。

 

Created with Esri and Logi Analytics.

© Flavio Forner

ティッピングポイント(転換点)

保護区と先住民の土地は、このきわめて重要な自然生態系を救うカギとなります。アマゾンの熱帯林は、最大で20%の地域がすでに破壊されており、科学者は、これがもし25%~30%に到達した場合、生物圏全体が永遠に改変され、気候状況に世界的な影響をを及ぼすと予想しています。

 

「ファイヤーキャスト(災害予測)」のないところに煙は立たぬ

CIが一部協力して開発された「ファイヤーキャスト」は、火災・火災リスクの状況・森林伐採といった生態系の乱れを追跡するために、衛生観測を用いたオンラインプラットフォームです。メール通知、地図、そしてレポートを通して、意思決定者に対し、適時適切な情報を届けます。


ファイヤーキャストを見る

 

※注釈

(1) アマゾンの農業森林の辺縁部は、隣接する森林及び農業用地の広大な土地をまたぐ約1キロのバッファー区域である。ここは、熱帯林が土地劣化や乾燥により死滅しつつある重要なエリアで、かつ極めて高い頻度で火災が起こる地域でもある。

(2) 衛星により検出された火災の正確な場所は不明確なことから、保護区やIPエリア内の火災と、境界の両側から50メートル以内で起こる火災(本部記事ミス-thatが二つ)を確実に区別するために、1キロのバッファーを採用。この辺縁区域を「保護区とIPLC正確性バッファー」と呼ぶ。(火災検知の正確性について)

(3) ブラジルの法定アマゾン(Amazônia Legal)は、ブラジル最大の社会地理区域であり、アマゾン流域の9州全てを含んでいる。これはブラジルの59%の面積を覆う正式な地域の名称であるが、ここにはブラジルの人口の12.34%しか居住していない。この地方は法的アマゾンと呼ばれているが、3つの異なる生物圏と重なっている:ブラジルのアマゾン生物圏全域と、セラード生物圏の37%と、40%のパンタナル生物圏である。

(4) ブラジルの大豆及び牛肉の体積についての2017年のトレイスのデータセット・2019年の火災と比較。