​​​​​​<イベントのお知らせ>


 

”分断からつながり”へ 
-変革する世界に生きる私たちができること

異常気象や種の絶滅、水質汚染や大気汚染など、環境に関する話題が絶えません。しかし一方で、これらの問題と日々の暮らしとの関連性を感じるのが難しいと思われる方も少なくありません。環境の問題は、地球に暮らす私たち一人ひとりの問題であるという共通の認識を持つことが大切です。なぜなら、本質的には人間は一人では生きて行けない存在であり、自然から多くの恵みを受け取ることで命を繋ぐことができているからです。これまでそうした自然からの恵みは当たり前すぎて、その恩恵を意識することはあまりありませんでした。

こうした問題の解決に貢献するため、旭硝子財団と国際NGOコンサベーション・インターナショナル・ジャパンは、歴代のブループラネット賞受賞者であるトーマス・ラブジョイ博士、パヴァン・スクデフ氏、また、長年人と自然とのかかわりについて研究されている環境ジャーナリストの枝廣淳子氏、登山家で医師、作家でもある今井通子氏らとともに、私たちの生活と自然環境とのつながりや起きている問題との関連性を理解し、私たちができることは何か?世代間の格差を縮めるための具体的なヒントを得るためにシンポジウムを開催します。

変革する世界に生きる私たちができること… あなたもご一緒に考えませんか?

<><><><><><><><><><><><><><><><><>
日時:2017年11月16日(木)  13:30-17:00

会場:国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70
主催:旭硝子財団、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
費用:無料
言語:日英 ※同時通訳付き
申込:こちらのGoogleフォームより登録をお願いします。

※上記フォームが使用できない方は、お手数ですが、下記CIジャパンイベント係までメールで1、氏名 2、ご所属 3、連絡先(お電話番号、Emailアドレス)をお送り下さい。
seminar@conservation.or.jp
 <><><><><><><><><><><><><><><><><>

■プログラム

イベントプログラム ​ ​
13:00開場
13:30主催者挨拶安達 邦彦 氏  / 旭硝子財団 理事
13:35第1部
講演
1.トーマス・ラブジョイ 博士 / ジョージ・メイソン大学環境科学・政策専攻 教授
◎テーマ「真の生物多様性とは、全ての命がさまざまにつながり合い支え合うこと:Genuine biodiversity designates that all the lifeforms can connect and support each other
2.パヴァン・スクデフ 氏 / 国連環境計画親善大使、GIST創設者・理事、GISTアドバイザリー 設立者・CEO、エール大学ダヴェンポートカレッジ アソシエートフェロー
◎テーマ「全地球的な"つながり"とそのシステム:持続可能な経済への考察:Planetary Connectedness and Systems Thinking for an Economy of Permanence
3.ジェニファー・モリス / コンサベーション・インターナショナル プレジデント
◎テーマ「生物多様性と経済の関係、また日本社会とのつながり:The relation between biodiversity and economy: connectivity with the Japanese society 」
14:35休憩
14:55第2部
パネルディスカッション
第1部登壇者に加えて

枝廣 淳子氏 / NGOジャパン・フォーサステナビリティ代表、東京都市大学環境学部教授
今井 通子氏 / 登山家、 医師、 東京農業大学客員教授、株式会社ル・ベルソー代表取締役
高田 あかね氏 / 株式会社 アレフ エコチーム
鈴木 敦子 氏 / 株式会社 環境ビジネスエージェンシー 代表取締役
中島 美紗子 氏 / 学生代表 国際基督教大学4年生、CIジャパンインターン
 ◆ファシリテーター 枝廣 淳子氏
16:25総括枝廣 淳子氏 / NGOジャパン・フォーサステナビリティ代表、東京都市大学環境学部教授
日比 保史 / コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 代表理事


■スピーカープロフィール

生物多様性という概念の生みの親
トーマス・E・ラブジョイ博士 ジョージ・メイソン大学環境科学・政策 専攻教授


ラブジョイ博士は生物多様性の概念がまだ生まれていなかった時代にアマゾンの熱帯雨林で画期的な実地調査を独自の方法で実施し、そこで得られた大きな成果によって種の減少という事実とその主なメカニズムを明らかにした。博士はこの実地調査により、人間の行動がどのように生息地の分断を引き起こし、生物多様性を危機的な状況に追い込んだのかを初めて学術的に解明することに成功している。そして一連の研究から得た生態系に関する深い見識に基づき、初の「種の絶滅
予測」を発表。以来一貫して絶滅危惧種の増加を食い止めるための手段を指摘および提案し、多数の学術機関や学会に大きな影響を与えるとともに、今や主流となった生物多様性の概念に基づく自然環境の保護に向け、その基盤作りに貢献している。
____________________________________________

初めて生物多様性と経済社会との関係を明らかにした
パヴァン・スクデフ 氏 国連環境計画(UNEP)親善大使,GIST(Green Indian States Trust)創設者・理事,
エール大学ダヴェンポートカレッジアソシエートフェロー


シュクデフ氏は、包括的グリーン経済に移行するための経済的合理性を有する実用的な測定基準を開発した先駆者である。持続可能な社会へ移行するには、企業こそが決定的な役割を果たすことを示し、注目を集めた。さらに公共政策と経済活動に、生態系サービスの価値を如何に組み込むかを示し、持続可能性に向けた基準を企業、地方、国家の各レベルで開発、包括的グリーン経済の発展を加速させることに貢献している。
____________________________________________

CI史上最年少の女性役員で、環境保全への長期的資金調達パイオニア
ジェニファー・モリス コンサベーション・インターナショナル プレジデント


CIにて20年にわたるキャリアを持つモリスは、保護地域への長期的資金調達のパイオニアである。アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど広範囲にわたりフィールドプロジェクトを指揮してきた。モリスはCIの環境リーダーシップ・センター(Centre for Environmental Leadership in Business)とグローバル・コンサベーション・ファンドを含む、CIで最も歴史があり影響力のある基金の運営や企業との取り組みを主導し、世界各地で実施されている保全プロジェクトへ何百万ドルもの資金をもたらしたことは、彼女の功績の一つである。

モリスはこれまでのCI役員の中で最年少の女性役員であり、2014年からCIの最高執行責任者(COO)、2017年からはプレジデントを務めている。モリスは、エモリー大学で政治学の学士号を取得し、その後コロンビア大学の国際・公共広報院のビジネス開発とマイクロファイナンスに関する国際問題研究で修士号を取得している。外務省の海外青年招致事業を利用し、日本で英語教師をしていたこともある。
____________________________________________

枝廣 淳子 氏 NGOジャパン・フォー・サステナビリティ代表、東京都市大学環境学部教授


 

東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。
同時通訳者を経て、翻訳家・環境ジャーナリストとして活動。

2007年、ノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア氏の著書『不都合な真実』を翻訳し注目を集める。福田・麻生内閣の「地球温暖化問題に関する懇談会」委員等国の審議会の委員を歴任、現在は中央環境審議会委員、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会街づくり・持続可能性委員会委員をつとめるほか、ブータン王国国王陛下の勅令により設立された「豊かさと幸福」の実現を考える国際専門家作業グループで世界の専門家と研究を進めている。講演、執筆、翻訳、企業や地域の持続可能性やCSRに関するコンサルティング、異業種勉強会等を通じて「伝えること」で変化を創り、しなやかに強く、幸せな未来の共創をめざす。社会のさまざまな立場の人が対話と共創で問題解決を進められるよう、合意形成に向けての場づくりやファシリテーターを行政や自治体、教育機関、企業などで数多く務める。環境分野の他、企業や個人向けに「システム思考」や「自分マネジメント」、「コミュニケーション」のワークショップを開催するなど、より大きな視点から問題を解決するための枠組みまでを提供している。

____________________________________________

今井 通子 氏 登山家/ 医師/ 日本泌尿器科学会専門医/ 東京農業大学客員教授株式会社ル・ベルソー代表取締役

東京女子医科大学卒。医師となる一方、幼い頃から親に連れられ親しんできた登山を続ける。’71年にヨーロッパアルプス・グランドジョラス北壁登頂に成功。女性として世界初の欧州三大北壁完登者となり、その後もチョー・オユー、キリマンジャロなど世界の高峰を制覇する。自分を知り、自分を高めるため山を登り続ける今井氏だが、同時に医師という科学的な視点から、自然との触れ合いの意味や大切さを見つめている。多くの団体委員を務めるなど、精力的な活動は多岐にわたる。私たちが忘れてしまっている人間の自然に対応しうる本能、 逞しく美しい女性、今井氏の話は、山や自然に関することから、余暇時間や高齢化時代、健康に関することまで幅広い。 
____________________________________________

高田 あかね 氏 株式会社アレフ(レストラン「びっくりドンキー」運営会社) エコチーム 環境教育企画・制作


札幌市立高等専門学校専攻科修了(インダストリアルデザイン学科 環境デザインコース)。芸術工学士。環境調査、造園設計、まちづくりワークショップのファシリテーターなどを経験。2つのデザインコンペティションで奨励賞、優秀賞を受賞。同校付属研究所 札幌市海外派遣特別研究員として「エコビレッジの北海道への適用と推進(英国など)」を研究。2003年(株)アレフ入社。「北海道・NZ生物多様性シンポジウム」実行委員に始まり、草地農業勉強会などの事務局、各学習イベントに付随する授業の組立、ツールや印刷物のデザイン・制作業務に携わる。環境・農業の取り組みを社内外に伝えるCEPA担当。3回の産休・育休・復職経験者としても会社のCSRを牽引中。
____________________________________________

鈴木 敦子 氏 環境ビジネスエージェンシー 代表取締役

学習院大学法学部政治学科卒業。1999年に個人事業として創業後、2003年に「企業の“環境ビジネス”の代理人」である株式会社と「市民の“エコアクション”の代理人」という位置づけのNPO法人を設立し、両社に業務を振り分け、現株式会社環境ビジネスエージェンシーとNPO法人環境リレーションズ研究所に至る。 2003年9月~NPO法人環境リレーションズ研究所・理事長、2005年10月~株式会社環境ビジネスエージェンシー・代表取締役、2007年4月~有限責任中間法人環境ビジネスウィメン・理事。2005年には環境省「環境ビジネスウィメン懇談会」メンバーの一人として書籍「環境ビジネスウィメン」(日経BP社)を共著。
____________________________________________

<お問い合わせ>
CIジャパン広報担当 磯部
03-5315-4790
seminar@conservation.or.jp