© CI/Photo by John Martin
 
淡水保全プロジェクト

CIのパートナーは、淡水システムその他生態系によって提供される生態系サービスを保全するために、効果的かつ反復可能な戦略を立案するため、さまざまな地域でパイロットプロジェクトを実施しています。これらのプロジェクトは、ダム開発、農業開発、流域管理、観光開発に関する政策や土地利用のための情報を提供するために、科学と天然資源管理を一体化させたものです。

プロジェクトの結果は、保全計画、生息地再生活動、持続可能な景観設計などに形を変え、生物多様性の保全と、水陸の生物群系全体の生態系機能の維持に役立っています。

 

これらのプロジェクトでは、標準化されたアプローチがさまざまな異なる背景の中でどれだけ利用可能かをテストし、生態系サービスと淡水に関するCIのアプローチを、多様な社会政治的、経済的、あるいは文化的背景にいかに適応させることができるかについて示しています。

CIが全世界で実施するフィールドプロジェクト事例 

 
 
ヴィラチェイVirachey国立公園淡水ラピッドアセスメントプログラム(生物多様性短期集中調査:RAP
200710月、CIの科学者は、カンボジアで最も固有性の高い保護区であるヴィラチェイVirachey国立公園の生物学的調査を実施しました。
 
 
市海Lashi Lake保護区
中国の都市、麗江の周辺では淡水資源が不足しています。この歴史ある都市に水が絶えず流れるようにするためにCIが実施したパートナーシップを​​音声(英語)で紹介していま
す。