アジア初!フィリピン・キリノ州の森林再生プロジェクトがVCS/CCBの有効化審査をダブルで通過!
 

  【2011年5月30日 フィリピン・キリノ州】
国際NGO コンサベーション・インターナショナル(本部米国、日本事務局:東京都新宿区)と日本のカーボンオフセットプロバイダーである一般社団法人モア・トゥリーズ(所在地:東京)が進めている森林再生プロジェクト
(※1) が、2011年3月、温室効果ガス削減効果の定量評価とクレジット化の仕組みとして、世界的に信頼性が高いVCS(Verified Carbon Standard )の有効化審査を通過しました。

このプロジェクトは、温室効果ガス削減のみならず、地域社会と生物多様性など様々な面で有益な効果をもたらす案件として、気候、コミュニティ、生物多様性プロジェクト設計スタンダード(CCBスタンダード)によるゴールド認証もすでに取得しています。VCSとCCBSの両スタンダードに認められたアジアで初めてのプロジェクトです。

 コンサベーション・インターナショナル・ジャパンの代表理事である日比保史は、今回の有効化審査の通過について、
『フィリピンの森林は、日本の高度経済成長期に日本に輸出するために伐採されたという歴史があります。つまり、日本の生活を豊かにするために、フィリピンの自然が破壊されたのです。地元コミュニティとの協働で進めるこのプロジェクトは、生物多様性や、気候変動、貧困などのグローバルな課題の解決に貢献しつつ、途上国の森林を再生することを目指しています。今回の有効化審査の通過で、その効果をしっかりと評価できる態勢が整いましたので、モア・トゥリーズとともに、個人や企業がよりプロジェクトに参加し易くなることを期待しています。』 
と、コメントしています。 

                              **

(※1)◆「フィリピン・キリノ州における森林カーボン・プロジェクト」◆
 プロジェクトが行われている、フィリピン・キリノ州に位置するシエラ・マドレ山脈は、フィリピンに現存する森林のおよそ半分を有し、絶滅の危機にある生物種にとって貴重な生育地であるとともに、地域住民にとっては生活を支える重要な水源地です。しかし、森林伐採と非持続的な農業による土壌劣化、さらに頻発化する洪水や干ばつの影響が地域住民の安定した生活を脅かしています。 CIは、キリノ州政府との協働により、2002年から地元政府や地域コミュニティとコンサルテーションを重ね、地元住民の生活を支えると同時に、気候変動問題や生物多様性保全に対する実行可能な解決策を検討してきました。プロジェクトの面積は177ヘクタールです。管理は、2007年の苗の植付け開始時から20年以上にわたり、地元のコミュニティメンバーによって実施されることになります。すでに、ランブータンや柑橘類などの果樹や、在来のフタバガキ科樹木などが植えられ、プロジェクト全体で、2029年までに、約3万トンのCO2 VCSのスキームに基づき削減することを目指し、100軒程のプロジェクト参加農家の生計を支援します。森林の再生と保全により、生物多様性の保全と水源の涵養を目指しています。

◆プロジェクト関連リンク 
http://www.conservation.org/sites/japan/fmg/articles/pages/carbon_quirino.aspx 

◆画像はこちらからダウンロードいただけます。  http://ci.smugmug.com/Media/2011/quirino/

 

<クレジット> コンサベーション・インターナショナル(CI)提供としてください。

なお、本プロジェクトは当初AR-CDMとしての組成を検討し、その際に環境省のCDM/JI事業調査(事務局:公益財団法人 地球環境センター〈GEC〉)の支援を受けましたが、その後、AR-CDM組成からVCSプロジェクトへと方針転換し、実施することになりました。