オーシャン・ヘルス・インデックス
 
世界初!海の健全度を数値化し、
171の沿岸諸国を比較する、
「海洋健全度指数(Ocean Health Index:OHI」を発表
 
2012816日】
コンサベーション・インターナショナルとナショナルジオグラフィック協会、ニューイングランド水族館は、この度「海洋健全度指数(Ocean Health Index: OHI)」を発表しました。これは、171の沿岸地域(排他的経済水域)の海洋状態を包括的に評価する世界初の取り組みです。

OHI
は、人間を海の生態系の一部として捉えて海の健全度を測る、新しい定量指標です。海の健全度は、海の持続可能な利用から得られる「便益」という観点からまとめた10の目標をもとに評価されます。

科学誌ネイチャーに今日発表されたOHIでは、グローバルスコアが100点満点中60点であることを明らかにしています。スコアが下がるほど、海洋からの便益を持続可能は形で活用していないか、十分享受していないことを意味します。
 
 

10の目標とスコア

 
<世界>
 
<日本>
食料供給
 24
 
 56
零細漁業の可能性    
 87
 
 93
海洋生産物
 40
 
 28
炭素貯蔵量
 75
 
 96
海岸保護
 73
 
 95
生計手段および経済
 75
 
 75
観光およびリクリエーション 
 10
 
  1
場所のイメージ
 55
 
 77
きれいな水
 78
 
 76
生物多様性   
 83
 
 88
 
 
 
 
グローバルスコアの総合点
 60
 
 69
 

OHI
は、政策決定において重要なツールとなることが期待されます。様々な目標を検討することで、資源管理政策のトレードオフを評価できます。


◎海洋健全度指数が明らかにすること ※例
 
-   「食料供給」目標のグローバルスコアは24点です。漁場管理を改善する必要があることを改めて示しています。

-    「食料供給」の一要素である「養殖量」のグローバルスコアは、特に低い10点です。
シーフードの持続可能な養殖により、増加する人口を支え、経済的便益を得ることがまだ可能であることを示しています。

-      スコアの高い地域には、ジャーヴィス島のような無人島から、人口密度が高いドイツのような先進国もあります。

西アフリカ諸国のOHIスコアは特に低いことが示されました。これらの国々は、人間開発指数も低い国であり、しっかりしたガバナンスや堅調な経済と、健全な海との関連性が読み取れます。

OHIとその電子プラットフォームは、国立生態系分析・統合センター、ブリティッシュコロンビア大学のシーアラウンドアス、コンサベーション・インターナショナル、ナショナルジオグラフィック協会、ニューイングランド水族館の科学者が、大学、NPO、政府機関の海洋専門家と協力して構築しました。OHIは、海への関心を高め、政策の優先順位の指針となり、包括的で問題を先取りする海洋管理をサポートするように設計されています。

海の健全性を便益のポートフォリオとしてみることで、OHIは、海が健全である様々な形を示します。ちょうど多様な株券ポートフォリオが様々な市場情勢の中で機能できるように、目標の様々なコンビネーションが高スコアに結びつきます。

世界では人口の40%以上が沿岸部に住み、また世界人口は、70億から90億へ増えていく中、海への依存度はますます高まります。しかしながら、モニタリングされている海産資源のおよそ84%は許容一杯の状況か、過剰に漁獲されているか、すでに枯渇しています。世界の漁業船舶の漁獲可能量は、持続可能な漁獲レベルの2.5倍もあると推測されます。
 
 

OHIは、必要なデータさえあれば、グローバルからローカルまでスケールを問わず利用することができます。OHIウェブは非常にインタラクティブなポータルサイトです。ウェブサイトでは、OHIの方法論をはじめ、海に面するすべての地域に関するスコアにアクセスできます。これは科学を直接的な行動に結び付けるための試みなのです。」
コンサベーション・インターナショナル海洋部門、OHIマネージングディレクター、スティーブ・カトナ博士のコメント


60というグローバルスコアは、海の管理が最適でないことを表しています。いろいろな方法で改善の余地があることを、OHIからわかってもらえると思います。」
論文共同執筆者であり、ニューイングランド水族館のCEO、バド・リス(Bud Ris)氏のコメント
 
OHIによって初めて、海洋で起こっていること総合的に評価することができるようになりました。また、人間が活動すること、しないことの影響を世界全体で評価することができます。頑強で定量的な評価方法に入手可能な最良のデータを組み合わせることで、政府やビジネスが適切な管理の判断をする助けとなります。自然、社会、経済、政治的背景の違いは影響しないのです。」
コンサベーション・インターナショナル上級執行役員で主席研究員であり、本論文の共同執筆者、グレッグ・ストーン博士(Dr. Greg Stone)のコメント


OHIは、海洋の健全度の体温計のようなものです。患者の様子を教えてくれます。インデックスは、政策が機能しているか、さらに新しい解決策が必要かどうかの判断材料となります。」
ナショナルジオグラフィック協会のエンリケ・サラ(Dr. Enric Sala)博士のコメント

「海洋を効果的に管理することは、海洋に依存する経済および人々を支えるのに不可欠なことです。世界の海洋政策を新しい方向に導くために、OHIの取り組みを支援することができてうれしく思っています。」
ジェームズ・モーリス(パシフィックライフ財団議長)のコメント

パシフィックライフ財団は、OHIの開発と実施に500万ドルを提供することになっています。
 

OHI科学者チームリーダー
サンタバーバラ大学・国立生態系分析・統合センター( National Center for Ecological Synthesis: NCEAS)、ブリティッシュコロンビア大学・シーアラウンドアス( Sea Around Us)
 
OHI共同設立者
コンサベーション・インターナショナル、ニューイングランド水族館、ナショナルジオグラフィック協会
OHI設立スポンサー
パシフィックライフ財団
ダーデン・レストラン、ボウ&ヘザー・ウィグリー夫妻


OHIの計算方法は難しさを伴いますが、海の保全を前に進めるために重要なステップです。海の健全性を測るツールを必要としている政策担当者や管理官の期待に応えます。海洋が直面する待ったなしの状況を考えると、この無謀さは必然といえます。」 
OHI論文の主筆のベン・ハルペーン博士Dr. Ben Halpernのコメント


###



海洋健全度指数(Ocean Health Index:OHI)ポータルサイト
http://oceanhealthindex.org

・分析結果データのダウンロード
 http://ohi.nceas.ucsb.edu/data

・報道機関向けプレスキット ※英語
 https://www.adrive.com/public/dhr7Kw/Ocean Health Index Press Kit
 
・報道機関向け写真素材ダウンロード
 
OHI専門家のインタビュー映像
  
 

論文主幹執筆者
Ben Halpern
NCEAS
805.259.7474 (cell)
 

Karen McLeod
COMPASS
541.231.9505 (cell)
 
Andy Rosenberg
Union of Concerned Scientists
(previously Conservation International)
603.767.9501 (cell)
 
Steve Katona
Conservation International
207.266.6018 (cell)

本件に関するお問い合わせ
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 磯部麻子
電話:0369116640 /emaila.isobe@conservation.org