人と自然の共存を目指すGEF-SATOYAMAプロジェクト始動!

10/1/2015


 


​コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境戦略研究機関(IGES)が提案したGEF-SATOYAMAプロジェクトが、7月末に地球環境ファシリティ(GEF)により正式に承認されました。このプロジェクト実施チームの覚書が9月1日に国連大学(東京都渋谷区)にて調印され、4年間のプロジェクトが本格始動しました。その第一歩として、インドビルマ生物多様性ホットスポット(インドシナ半島)を対象に、本プロジェクトが支援する現地型プロジェクトを10月1日より公募します(募集期間は11月18日まで)。1件に対する支援額の規模は最大10万ドルで、実施期間は3年間です。支援を受けるプロジェクトは、現地での成果に留まらず、GEF-SATOYAMAプロジェクトの他の活動を通じて、世界中にある、里山のように人と自然が共存する環境の保全に貢献する取り組みとなることが期待されます。同様の公募を、「熱帯アンデス」、「マダガスカルおよびインド洋諸島」それぞれの生物多様性ホットスポットでも順次行います。

GEF-SATOYAMAプロジェクトでは、里山のように人と自然が共存する環境を対象に、伝統的知識を取り込み、ジェンダーへの配慮を含めステークホルダーの幅広い参画を受けて実施されるこれらの環境の保全、再生、創成に関わるプロジェクトを募集します。生物多様性の保全と人々の生活の発展が共存することを具体的に示すことで、生物多様性条約の「愛知目標」の達成に貢献するとともに、「国連生物多様性の10年」や「持続可能な開発目標(SDGs)」が目指す、自然と共存する持続可能な社会の実現を国際的に進めるためのモデルを形成していきます。

公募の詳細は、こちらのページをご参照ください(応募は英語でのみ受け付けます)。

GEF-SATOYOMAプロジェクトとは >>

■各組織からのメッセージ

GEF-SATOYAMAプロジェクト実施チームの議長・一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)代表理事・日比保史より:
 「GEFのプロジェクトを形成して実施するという、生物多様性分野では日本の法人として初めての挑戦に強力なパートナーと共に取り組めることを、光栄に思っています。人と自然が共存する環境を保全、再生、創成していくことは、CIが目指す持続可能な社会を実現するために重要で、私たちのスローガン「自然を守ることは、人間を守ること」を具体的に表したひとつの形と考えます。今回の募集対象地域であるインドビルマ生物多様性ホットスポットは、広大な淡水生態系との持続的な共生の伝統を持つ地域でもあり、他の地域にとっても有益な先進事例となるプロジェクトの提案を期待しています。」

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)東京事務所長・中島慶二より:
「IGESは、UNU-IASと連携してIPSI及びその協力活動を支援する中で、2013年にはIPSI協力活動のひとつとして里山保全支援メカニズム(SDM)を立ち上げ、世界各国のIPSIメンバー団体の現地での活動に小規模な資金供与を行っています。SDMの実施も今年で3年目を迎える中、人と自然が共存する環境における生産物の付加価値向上や先住民の生物多様性保全への参加の促進等、実施団体の優良事例を扱う中で非常に重要な知見が得られつつあります。今回のGEF-SATOYAMAプロジェクトがIPSIやSDMを始めとする様々な協力活動の成果に基づいて展開されることを歓迎するとともに、IGESのこれまでの経験をもとにGEF-SATOYAMAプロジェクトの成功に向けて引き続き貢献していきます。」

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)所長・竹本和彦より:
 「2010年、SATOYAMAイニシアティブが生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において採択されて以来、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)はその理念の実現に向けて様々な取り組みを行ってきました。中でも、COP10において設立されたSATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の事務局として、国際的な会合の開催や研究活動を通じ、メンバー同士の連携の推進、世界各地より関連するケーススタディーの収集と発信などに取り組んできました。今回のGEF-SATOYAMAプロジェクトは、そうした活動の大きな成果であるとともに、IPSIの活動をスケールアップするすばらしい好機と考えています。日本からはじまる新しいタイプのGEFプロジェクトとして、SATOYAMAイニシアティブのアプローチを世界に発信していくため、CIジャパンをはじめとするパートナーと事業に取り組んで行きます。」

地球環境フアシリテイ(GEF)、アジア地域コーデイネーター、渡辺陽子氏より:
「GEFは、生物多様性条約の資金メカニズムとして、生物多様性の保全と持続的利用を世界160か国以上で推進・支援してきました。これら既存のGEFプロジェクトやIPSIの活動を基盤に、自然保護区を越えた生産セクターを含めたランドスケープ上で、さらに如何に危機にある生物多様性の保全・持続的な利用を推進していけるか、このGEF-SATOYAMAプロジェクトが、その革新的なアプローチの実施と知見の共有に貢献できればと願っています。」

環境省自然保護局 自然環境計画課 生物多様性地球戦略企画室 室長・中尾文子氏より:
「環境省は、2010年のCOP10以来、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と共に、SATOYAMAイニシアティブを通じた「社会生態学的生産ランドスケープにおける生物多様性と生態系サービスの保全及び持続的な利用による人間の福利の向上」を推進してきました。 
生物多様性の保全にとっては、原生的な自然の保護のみならず、農地や二次林など、人間活動の影響を受けて形成・維持されている二次的自然環境の保全も同様に重要です。SATOYAMAイニシアティブは、人間と自然が相互に便益を得られる関係を構築し、自然のプロセスを損なうことなく社会経済活動(農業、漁業、林業等)を維持、発展させることを目指しています。この度、UNU-IAS 、GEF、CIジャパン、そしてIGESとの連携によるGEF-SATOYAMAプロジェクトの開始を大変喜ばしく思うと共に、本プロジェクトによるSATOYAMAイニシアティブの現地活動のスケールアップ及び愛知目標への貢献を大いに期待します。」

■本件に関するお問い合わせ

名取洋司(CIジャパン・GEF-Satoyamaプロジェクト・マネージャー)
TEL: 03-5315-4790 / email ynatori@conservation.org




 

​​​​​Images Slideshow Carousel (half page)

Carousel Configuration​

EditCarousel Title:
Edit Carousel Orientation:rightRight
EditAnchor tag for sticky nav (optional):[Optional]
EditImage RenditionID Small:15[Optional]
EditImage RenditionID Webkit:17[Optional]
EditImage RenditionID Medium:18[Optional]
EditImage RenditionID Large:19[Optional]

Carousel Images

Image

EditImage:/global/japan/news/PublishingImages/Pages/GEF-Satoyama_launch2015/Satoyama1.JPG
EditImage Alt Text:
EditCaption Title:ネパール・カトマンズ郊外
EditCaption Description:
EditPhoto Credit:© Yoji Natori
​​
Add another image...
Remove this module
​​​​

Other Media