​​​各種お問い合わせ&メールニュース登録

​​一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
東京都新宿区新宿6-7-1 エルプリメント新宿507
03-5315-4790
japan@conservation.org
​​​

メールニュースについて

CIジャパンのメールニュースをご希望の方は、件名に「メールニュース申し込み」とご記入の上、japan@conservation.orgまでお送りください。


​​◆メールニュースサンプル◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【コンサベーション・インターナショナル (CI) ・ジャパン メールニュース April.28.2016】

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆◇CIニュース目次◇◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【セミナー 1】 世銀セミナー「リベリアの現況・課題と企業の社会的責任の取り組み事例」
2.【セミナー 2】 環境アセスメント学会公開セミナーにて日比が講演
3.【意見書提出】アユモドキの生態に影響を及ぼす京都スタジアムの建設について共同意見書提出
4.【ビデオ】Nature Is Speakingシリーズに最新作「HOME」が公開!

◆【セミナー 1】 世界銀行東京事務所セミナー
「リベリアの現況・課題と企業の社会的責任(CSR)の取り組み事例」
―――――――――――――――――――――――――
今年の8月、第六回アフリカ開発会議(Tokyo International
Conference on African Development: TICAD)が、ケニアで
開催されます。TICADは、日本人の生活にも深いかかわりを持つ、
アフリカが抱える問題を、国際社会全体で取組むべき課題として、
日本が世界に先駆けて立ち上げた国際会議で、日本政府と国連、
国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)、そして、世界銀行が
共同で開催しています。8月の会議へ向けて、世界銀行東京事務所では、
アフリカをテーマにしたセミナーをシリーズで開催しています。
CIは、来月5月9日に開催されるセミナーにて、西アフリカのリベリアで
ダイキン工業の支援によりCIが実施している、森林保全とコミュニティ支援の
取り組みについて、CIのリベリア事務所からご紹介させて頂きます。
ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。
日時:5月9日(月)18時30分~20時
場所:世界銀行東京事務所 (東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階)
言語:英語・日本語(同時通訳付)
費用:無料

プログラムの詳細とお申し込みは世界銀行東京事務所のHPをご確認下さい。
http://www.worldbank.org/ja/events/2016/05/09/ticad-seminar-05-liberias-challenges-and-perspectives
 
◆【セミナー 2】
環境アセスメント学会公開セミナーにて日比が講演
―――――――――――――――――――――――――
事業の実施において、環境や社会への影響を考慮し、
事業計画に環境保全を組み込むために、環境アセスメントは重要です。
CIジャパンでは、代表理事の日比が、環境省やJICA、JBICなどの、
環境社会配慮に関する検討会へ助言委員として5年以上に亘り、
参加させていただいています。
5月14日(土)、環境アセスメント学会が年に一度実施する
公開セミナーが開かれます。そこで日比より「社会・環境価値の創出(CSV)を
目指すCSR: 包括的アプローチとしての自然資本」について講演させて頂きます。
ご関心のある方はぜひご参加下さい。
 
■2016年度環境アセスメント学会公開セミナー
日時:2016年5月14日(土)14:20~17:30
場 所:名古屋学院大学 名古屋キャンパス(愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番25号)
地図:http://www.ngu.jp/outline/access.html
費用:会員は無料、資料代は会員500円。会員外1,000円

※資料のみ申込みも可能。申込みの場合、別途送料300円
申込:office@jsia.net までお名前とご所属をお送り下さい。

<プログラム>
コーディネーター 二宮 浩輔 氏 / 山梨県立大学
・講演1 「環境社会配慮とCSR」
作本 直行 氏 /日本貿易振興機構
・講演2「ISO26000社会的責任規格の意義と可能性」
関 正雄 氏 /損保ジャパン日本興亜CSR部上席顧問
・講演3「社会・環境価値の創出(CSV)を目指すCSR: 包括的アプローチとしての自然資本」
日比 保史  /コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
・パネルディスカッション
「環境社会配慮に求められること」
パネリスト(講演者を含む)
石田 健一 /東京大学海洋研究所
 
 
◆【意見書提出】
アユモドキの生態に影響を及ぼす京都スタジアムの建設について
―――――――――――――――――――――――――
CIジャパンは、WWFジャパン、日本自然保護協会、日本生態学会ら
関係の56団体と共同で、絶滅危惧種であるアユモドキの生態に
影響をおよぼす、京都府に建設が予定されている京都スタジアム(仮称)について、
環境大臣および文部科学大臣宛に意見書を提出しました。

詳しくは、
http://www.conservation.org/global/japan/Pages/ayumodoki2.aspx

◆【ビデオ】Nature Is Speakingシリーズに最新作「HOME」が公開!
―――――――――――――――――――――――――
「自然は、人間を必要としない。人間には、自然が必要。」
挑発的なキャッチコピーで、CIがグローバルで展開している
キャンペーン「Nature Is Speaking~自然は語る~」は、
自然が言葉を持ったら、何を語るか?というコンセプトで作られた
ショートフィルムシリーズです。「海」「熱帯雨林」「サンゴ礁」などの自然を擬人化し、
その“声”を有名俳優たちが担当しています。
これまでのシリーズに加え、新作「HOME/家」を公開しました。
“家”の声を担当するのは、女優で映画プロデューサーのリース・ウィザースプーンさんです。
 
 
・Nature Is Speaking 「家/HOME」
https://www.youtube.com/watch?v=HWkH06O2o-4
 
**********************************************************
配信元:コンサベーション・インターナショナル(CI)・ジャパン
Tel:03-5315-4790  Email:japan@conservation.org
www.conservation.or.jp (日) / www.conservation.org (Global)
★CIスタッフブログ http://ci-japan.blogspot.com/
☆CIジャパン公式Twitter @CI_Japan 
★CIジャパンYouTube
https://www.youtube.com/channel/UClGzF0LoMqJ6ZAdipiqzg0w
※本メールニュースは、BCCで名刺交換をさせていただいた方へもお送りしています。
配信を停止されたい場合は、お手数ですがjapan@conservation.orgへご連絡下さい。
**********************************************************

●コンサベーション・インターナショナル(CI)について
持続可能な社会の実現を目指す、国際NGO。自然の恵みを将来世代につなぐため、科学とパートナーシップ、
現場での実践を柱に、31か国で約900名のスタッフが、2000以上のパートナーとともに協働しています。
理事に、俳優ハリソン・フォード、ウォルマート会長ロブ・ウォルトン、キリバス共和国大統領アノテ・トン、
『銃・病原菌・鉄』の著者・地理学者ジャレド・ダイアモンド博士他。​