​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​地球に優しい生活を送るヒント

​​地球のために、もっともっとエコな生活を送りたいと考えるあなたへ。日々の行動を通して、地球環境を改善させることができます。今すぐに始められる、とてもシンプルだけど意味のある暮らしのアイディアを紹介​します。​


​​​​​​​​​​​sectionNav

Sections

Link

Move UpMove Down​​
Edit Link Text: エネルギー消費を減らす
Edit Link URL: #reduce-your-energy-consumption

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​
Edit Link Text: 通勤をグリーンに
Edit Link URL: #green-your-commute

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​
Edit Link Text: 週に1日はミートフリーに
Edit Link URL: #go-meat-free-once-a-week

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​
Edit Link Text: 食品ロスを減らす
Edit Link URL: #waste-less-food

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​
Edit Link Text: 生ゴミを堆肥にしよう
Edit Link URL: #compost-food-scraps

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​​
Edit Link Text: サステナブルなコーヒーを飲む
Edit Link URL: #drink-shade-grown-coffee
​​​

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​​
Edit Link Text: サステナブルな魚を選ぶ
Edit Link URL: #eat-sustainable-seafood
​​​

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​​
Edit Link Text: サステナブルに旅をして、エコツーリズムを体験する
Edit Link URL: #travel-sustainably
​​​

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​​
Edit Link Text: 違法取引によって作られた製品に「NO」!
Edit Link URL: #say-no-to-illegal-wildlife-products
​​​

Link

Remove LinkMove UpMove Down​​​
Edit Link Text: ボランティア活動をしよう
Edit Link URL: #volunteer
​​​
Add LinkRemove this module

​​Text with Image or Video

Title

EditHeader:エネルギー消費を減らす
EditAnchor tag for sticky nav:#reduce-your-energy-consumption[Optional]

Sections

Image and Text

EditImage Position:leftLeft
    EditSection Title:
    EditSection Title Style:h3Green
      EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_42761076.jpg
      EditImage Description:Singapore skyline at night.
      EditText:自宅での消費エネルギーを減らすことは、化石燃料による温暖化効果ガスの排出を防ぐことになり、さらに家庭の電気代を抑えることになります。 また、国際エネルギースタープログラムによって認証されているエネルギー効率の高い電化製品を使用することで、国際基準によって定められたされたエネルギー効率の要件を満たすことができます。

      家庭の電気製品も下記のように効率に使用することを心がけましょう。

      ・冷蔵庫の温度を3〜5℃に設定する
      ・冷凍庫は-18〜-15℃に設定する
      ・食洗機と洗濯機を使用するときは、食器や衣類が満タンの状態で使用し、使用していないときは電源プラグを抜いておく
      EditLink for Header and Image:[Optional]
      EditPhoto Credit:© Chris Pritchard
      EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
      EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
      Move UpMove Down
      ​​​

      ​​Text with Image or Video

      Remove this module

      Title

      EditHeader:通勤をグリーンに
      EditAnchor tag for sticky nav:green-your-commute[Optional]

      Sections

      Image and Text

      EditImage Position:leftLeft
        EditSection Title:
        EditSection Title Style:h3Green
          EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_84808113.jpg
          EditImage Description:Man biking to work on Bike to Work Day.
          EditText:カーシェアリングや自転車専用ラインの普及率が世界中の都市で高まっています。例えば、自動車の代わりに自転車で毎週6.5kmの通勤区間を往復すると、毎月約70億リットル(タンクローリー約700万台分)のガソリンを節約することができます。自転車通勤が選択肢にない場合は、公共交通機関や同僚などとクルマの共同利用を行うことで高占有率社用車線(HOV)(※米国で採用されている一定の乗員数以上の車両のみを優先的に走行させる車線のこと)を利用することができます。

          クルマ通勤方法をよりグリーンにするためは下記のような方法があります。

          ●燃費のよいクルマを選ぶこと
          リッター10Km/Lと15Km/Lの違いで、温室効果ガスの排出量を年間約1,100キログラム以上 の削減することにつながります。 また、電気自動車やガス電気自動車の購入を検討することも有用な選択肢です。

          ●トランクにある余計な荷物を取り除くこと
          車の総重量が増えれば増えるほど、エンジンの稼働にエネルギーを必要とし、燃料の消費は増えます。 EPAは、自動車の総重量が45キログラム減るごとに、その燃費が2パーセント向上すると見積もっています。

          ●自動車のタイヤに十分な量の空気が入っていることを確認すること
          最適なタイヤ空気圧については、オーナーズマニュアルを確認しましょう。 EPAは、タイヤを適切に膨張させることで燃費を3%向上させ、二酸化炭素排出量を年間約124キログラム削減できると推定しています。
          EditLink for Header and Image:[Optional]
          EditPhoto Credit:© Trailnet
          EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
          EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
          Move UpMove Down
          Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

          ​​Text with Image or Video

          Remove this module

          Title

          EditHeader:週に1日はミートフリーに
          EditAnchor tag for sticky nav:go-meat-free-once-a-week[Optional]

          Sections

          Image and Text

          EditImage Position:leftLeft
            EditSection Title:
            EditSection Title Style:h3Green
              EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_91222829.jpg
              EditImage Description:Produce at local market
              EditText:週に1日だけでも肉を食べない日(ミートフリー)を作ることは、地球への負荷軽減に役立ちます。毎日牛乳を飲み、ハンバーグやチーズをおいしく食べている時に、環境について思いめぐらすことは難しいかもしれませんが、以下のことを考えてみてください。

              ●ハンバーグを1 つ生産するのに必要な水は、日本人一人が約2ヶ月間お風呂に使う水の量と同じです。この水の大部分は牛の飼料のための穀物生産に使用されています。
              ●牛の放牧は広大な土地を必要とします。そのため、生産者は牧草地を確保するために熱帯林を皆伐することがよくあります。牛の放牧のために約60%のアマゾンの森林が破壊されました。
              ●牛は二酸化炭素の20倍もの温室効果ガスであるメタンを発生します。また畜産業から排出されるアンモニアは酸性雨の原因の一つです。
              EditLink for Header and Image:[Optional]
              EditPhoto Credit:© Jessica Scranton
              EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
              EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
              Move UpMove Down
              Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

              ​​Text with Image or Video

              Remove this module

              Title

              EditHeader:食品ロスを減らす
              EditAnchor tag for sticky nav:waste-less-food[Optional]

              Sections

              Image and Text

              EditImage Position:leftLeft
                EditSection Title:
                EditSection Title Style:h3Green
                  EditImage URL: /SiteCollectionImages/ci_40453185.jpg
                  EditImage Description:Trash
                  EditText:年間で生産される約3分の1の食料が破棄されています。食べかけのおにぎりや賞味期限切れのサンドウィッチを一旦ゴミ箱へ捨ててしまえば、環境への負荷を無視することは簡単かもしれません。
                  しかし、破棄された食品は数十億もの温室効果ガスを生み出します。あなたがスーパーマーケットに行くまでに、33億トン近くもの温室効果ガスがすでにあらゆる食品の生産、加工、運搬を通して大気中に放出されているのです。そして、廃棄物は、一度、埋め立てると有機性廃棄物を分解するために、メタンガスが発生します。メタンガスは、二酸化炭素の約23倍以上の熱を大気中に閉じ込めてしまいます。そして、メタンガスの全排出量の20%が埋立地から発生しています。

                  また食品を廃棄することは、水を無駄にすることです。米国では、毎年消費される水の内25%は食料廃棄と関連しています。科学者たちは、食品の廃棄を減らすことで世界の水の消費量の3分の1 を削減できると推定しています。

                  食料の無駄をなくすことは、難しくありません。「Think Eat Save」では、消費者が心がけるべきリストを下記のように作成しています。

                  ●買い物へ向かう前に、食事の献立を計画すること
                  ●冷蔵庫に中身の一覧をリスト化すること
                  ●適度な量の食料を購入すること
                  ●残り物を凍結または再利用すること
                  ●缶詰、冷凍、漬物、乾物などを上手に利用すること
                  EditLink for Header and Image:[Optional]
                  EditPhoto Credit:© Jessica Spengler
                  EditPhoto RenditionID Medium:31[Optional]
                  EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                  Move UpMove Down
                  Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List
                  ​​

                  ​​Text with Image or Video

                  Remove this module

                  Title

                  EditHeader:生ごみを堆肥にしよう
                  EditAnchor tag for sticky nav:compost-food-scraps[Optional]

                  Sections

                  Image and Text

                  EditImage Position:leftLeft
                    EditSection Title:
                    EditSection Title Style:h3Green
                      EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_57285309.jpg
                      EditImage Description:Compost Bin
                      EditText:生ごみの堆肥化は自然のリサイクルです。生ごみはエネルギーに溢れています。たとえ、庭のない都会のマンションに住んでいても、自然のリサイクルを行うことで食料廃棄物となった生ごみがゴミの埋立地から温室効果ガスを排出することを防ぐことができます。

                      非常階段やベランダでさえも生ゴミを堆肥化するために使用する小さなゴミ箱やバケツを置く十分なスペースになります。
                      堆肥作りセットはオンラインで購入するか、自身で屋内バケツなどで作ることができます。また、ミミズコンポストも室内で行うことができます。
                      また、生ゴミを凍らせて、堆肥を回収している自治体を探すこともできます。あなたの近くでもぜひ探してみてください。
                      EditLink for Header and Image:/SiteCollectionImages/infographic-shadegrowncoffee.jpg[Optional]
                      EditPhoto Credit:© Leonel Mijangos
                      EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
                      EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                      Move UpMove Down
                      Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List


                      ​​Text with Image or Video

                      Remove this module

                      Title

                      EditHeader:サステナブルなコーヒーを飲む
                      EditAnchor tag for sticky nav:drink-shade-grown-coffee[Optional]

                      Sections

                      Image and Text

                      EditImage Position:leftLeft
                        EditSection Title:
                        EditSection Title Style:h3Green
                          EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_51174372.jpg
                          EditImage Description:Coffee berries
                          EditText:あなたが日々飲むコーヒーが社会的および環境的に良い影響を生むもの、もしくは悪い影響を与える可能性があることを知っていますか?

                          コーヒーを健全な森林で栽培することは、野生生物の棲み処を守り、大気中の炭素の吸収にもつながります。持続可能なコーヒーを作るために必要なことは、農場の土壌品質管理と動物たちの生息地を維持すること、そして除草剤や農薬及び化学肥料の使用を減らすことが必要です。コンサベーション・インターナショナル(CI)とスターバックスが共同で開発した、「C.A.F.E.(Coffee and Famer Equility)プラクティス」という、コーヒーの倫理的な調達ガイドラインーがあります。このガイドラインは高品質のコーヒーを生産するだけでなく、環境への配慮を深め、またコーヒー生産者の生活の質を維持するために役立ちます。今ではスターバックスコーヒーの99%がC.A.F.E.プラクティスを通じて供給されています。コーヒーのパッケージにCIのロゴを見つけることができます。
                          EditLink for Header and Image:[Optional]
                          EditPhoto Credit:© Gary Stokes
                          EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
                          EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                          Move UpMove Down
                          Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

                          ​​Text with Image or Video

                          Remove this module

                          Title

                          EditHeader:サステナブルな魚を選ぶ
                          EditAnchor tag for sticky nav:eat-sustainable-seafood[Optional]

                          Sections

                          Image and Text

                          EditImage Position:leftLeft
                            EditSection Title:
                            EditSection Title Style:h3Green
                              EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_17997358.jpg
                              EditImage Description:Bluefin tuna in a net
                              EditText:持続可能なやり方で調達された魚を選ぶことで、海や川を健全な状態に保つのを支援できます。非持続的な方法で漁獲された水産物の調達を止めさせ、そのような業者に圧力をかけるためには、消費者の選択行動が大切です。

                              どのような水産物が持続可能な方法で調達されたのか見分けることができたら、便利ですよね。下記の方法で確認することができます。

                              ●持続可能な取り組みをしている企業を検索できるMSC(Marine Stewardship Council)ウェブサイトをチェックする
                              ●モントレーベイ水族館のウェブサイトで、サステナブルシーフードのレシピをチェックする
                              ●心おきなくお寿司を頂くために、「シーフードウォッチ」(日本語ではアプリもアリ)で持続可能な魚を確認する
                              EditLink for Header and Image:http://www.example.com[Optional]
                              EditPhoto Credit:Photo Credit Here
                              EditPhoto RenditionID Medium:31[Optional]
                              EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                              Move UpMove Down
                              Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

                              ​​Text with Image or Video

                              Remove this module

                              Title

                              EditHeader:サステナブルに旅をして、エコツーリズムを体験する
                              EditAnchor tag for sticky nav:travel-sustainably[Optional]

                              Sections

                              Image and Text

                              EditImage Position:leftLeft
                                EditSection Title:
                                EditSection Title Style:h3Green
                                  EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_64310592.jpg
                                  EditImage Description:Airplane wing
                                  EditText:観光業は今や世界最大の産業であり、エコツーリズムは、世界中多くの地域で急速に成長している分野です。もちろん旅行は、フライトやホテルでの宿泊、タクシーやレンタカー利用など、大量の二酸化炭素排出のリスクがあります。あなたがこれからの休暇を計画する時や出張の際には、こうした二酸化炭素排出をできるだけ削減するために、下記のアイデアを参考にしてみてください。

                                  ●エコツーリズム協会に認定された企業と目的地を選択する
                                  国際エコツーリズム協会(TIES)に会員登録すると持続可能な認定を受けたホテルやロッジを簡単に検索するための情報を受け取ることができます。
                                  ●できるだけ乗り換えを必要としない直行便を利用する
                                  離陸はあらゆるフライトの中で最も燃料を消費する部分です。もしくは、電車の移動が好ましいです。
                                  ●飛行機を利用する時は、環境に配慮している航空会社を選ぶ
                                  例えば、1998年以来CIとパートナーシップを結んでいるユナイテッド航空は旅客が飛行機飛行に伴う二酸化炭素排出量を相殺するため、ペルー北部のCIのアルトマヨ森林炭素プロジェクトを支援しています。
                                  ●可能な限り地元や公共の交通機関を利用する
                                  レンタカーを借りる場合はハイブリッドか電気自動車を選択しましょう。
                                  ●環境に優しい宿泊施設やプログラムを提供するホテルに宿泊する
                                  例えばCIはStarwood Hotels Resortsと協力して環境パフォーマンス目標の設定と達成に取り組んでいます。2020年までにエネルギー消費量を30%、水消費量を20%削減することを約束しています。また、マリオットインターナショナルとの取り組みでは、同社の二酸化炭素排出量を最小限に抑えました。
                                  ●少しの配慮を促す滞在先とのやり取り
                                  シーツやタオルは、床の上に置かない限りは交換しないよう、リクエストしましょう。また、資源ごみが適切に分別されているかどうか確認してください。また、 部屋にいないときは暖房/冷房がオフになっていることを確認しましょう。そして、 チェックアウトの際は、コメントカードなどで、滞在先の適切な対処に感謝したことをぜひ伝えてください。
                                  EditLink for Header and Image:http://www.example.com[Optional]
                                  EditPhoto Credit:Photo Credit Here
                                  EditPhoto RenditionID Medium:31[Optional]
                                  EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                                  Move UpMove Down
                                  Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

                                  ​​Text with Image or Video

                                  Remove this module

                                  Title

                                  EditHeader:違法取引によって作られた製品に「NO」!
                                  EditAnchor tag for sticky nav:say-no-to-illegal-wildlife-products[Optional]

                                  Sections

                                  Image and Text

                                  EditImage Position:leftLeft
                                    EditSection Title:
                                    EditSection Title Style:h3Green
                                      EditImage URL:/sitecollectionimages/ci_72516457.jpg
                                      EditImage Description:African Elephant (Loxodonta africana) Gorom, Cameroon.
                                      EditText:旅行先で、象牙やブッシュミート、皮製品や、伝統的とされる薬品類など、野生動物を由来とする製品は買わないようにしましょう。代わりに、現地の手工芸品を買いましょう。購入する際は、その土産品がきちんと法律の許可を得て売られているものか店頭で尋ねてみてください。疑わしい時は、野生動物のものが含まれているものは一切買わないでください。
                                      EditLink for Header and Image:[Optional]
                                      EditPhoto Credit:© CIFOR / Daniel Tiveau
                                      EditPhoto RenditionID Medium:31[Optional]
                                      EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                                      Move UpMove Down
                                      Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

                                      ​​Text with Image or Video

                                      Remove this module

                                      Title

                                      EditHeader:ボランティア活動をしよう
                                      EditAnchor tag for sticky nav:volunteer[Optional]

                                      Sections

                                      Image and Text

                                      EditImage Position:leftLeft
                                        EditSection Title:
                                        EditSection Title Style:h3Green
                                          EditImage URL:/sitecollectionimages/ci_43707199.jpg
                                          EditImage Description:Planting mangroves in the Philippines
                                          EditText: 世界各地で実施されている持続可能な開発に、あなたの知識や経験を活かしませんか?旅と保全活動を組み合わせるには、以下のような正式に認可された国際ボランティアネットワークに参加する方法があります。

                                          ●クロスカルチュラルソリューションズ (Cross-Cultural Solutions)
                                          ●インターナショナルボランティア HQ (International Volunteer HQ)
                                          ● ゴーエコ(GoEco)

                                          もしくは、家の近所にとどまり、地域の緑化活動をサポートしましょう。特定非営利活動法人の地球緑化センターでは、植樹など自然保護活動をメインとするボランティア活動を探すためのデータベースを提供しています。ゴミ拾いからコミュニティガーデンを始めるなど、活動の大小にかかわらず、こうした活動で地球をよりよい環境に近づけることができます。決してアースデイだけの行いにしないでください。どんな植物も一年中サポートを必要としています。
                                          EditLink for Header and Image:[Optional]
                                          EditPhoto Credit:© CI/photo by Lynn Tang
                                          EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
                                          EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
                                          Move UpMove Down
                                          Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List

                                          Divider Shadow Line

                                          Call to Action Centered (single)

                                          Call to Action Config

                                          EditCall to Action Title:寄付をする
                                          EditCall to Action Description:
                                          EditCall to Action Button Description:CIの活動をサポートしてください
                                          EditCall to Action Button Link:https://japangiving.jp/supporter/project_display.html?project_id=20003912
                                          EditAnchor tag for sticky nav:[Optional]
                                          Remove this module