持続可能な漁業
 
 
Salmon (Salmonidae) aquaculture farms, Hyenfjorden, Norway. 
©Bill Broadhurst/FLPA/Minden Pictures
 
 
状況の改善
 
世界における漁獲量は減少しています。1950年代以来、漁船は移動範囲や漁獲量を年々拡大し、いまや遥か遠い海域においても漁業を行っています。この拡大を助長した分断された管理システムや緩い規制、そして乱獲を助長している補助金などは、世界の漁獲量を大幅に減少させることとなりました。多くの沿岸地域では、小規模漁業を営む漁師たちは、商売よりもむしろ、彼ら自身の食料確保のために、大規模な産業用漁船に対抗しなければなりません。

 
なぜ持続可能な漁業が必要なのか?

管理の分断化と規制の弱体化は、最も身近にある海岸線においてでさえ、共通した課題となっています。そしてその海岸線を越えたところにある公海(海域の70%に相当し、国の管轄を超えて毎年11万トンもの魚が収穫される海域)は「未開拓」のままです。
 
公海の管理がなされていないという事実は、トロール漁や他の破壊的な漁業手法による、持続”不可能”な搾取を可能にしてしまいます。10億人以上の人々が、魚介類を主要なタンパク源としており、沿岸部に住んでいる数百万人もの人々の食料は、彼らの地域の漁業に完全に依存しています。
 
しかしながら、破壊的な漁業が原因でそれら沿岸地域の漁業は減少し続けており、地元の人々は食料と生きる術を他で探すことを強いられています。これは既に西アフリカで起こっており、「ヨーロッパへの不法移民」という前代未聞の形で、沿岸漁業が崩壊した結果として現れています。
 
食料を確保するための漁業によって引き起こされる問題に加え、観賞魚を確保するための漁業も、サンゴ礁から多くの色とりどりの魚を追い出すために用いられるシアン化合物のような破壊的な手法のせいで、生態系機能の破壊、サンゴ礁の荒廃、近隣地域への食料供給力の低下、そして気候変動のような脅威への対抗力低下などが引き起こされています。
 
 
漁業改革と人間の幸福
タラなどの人気の食用魚の乱獲は、消費者がもはや手に入れることができなくなるほどに、劇的な漁獲量の減少をもたらしました。ある地域では水産業が完全に消滅してしまったという事例もあります。漁業改革は、タンパク源としての魚介類を現在、および将来的に確保するため、そして沿岸地域に暮らす人々が生活や文化を維持するためにも不可欠なのです。


持続可能な漁業は何をもたらすか?

公海の改善政策は、全世界共通で漁業を規制し、さらなる漁獲量の減少を防ぎます。食生活と食料保障を改善することで、沿岸地域の住民に恩恵をもたらします。
沿岸地域における、持続可能な漁業管理と海洋保護区(MPAs)の成功モデルは、世界中で同様の流れを作る刺激となります。観賞魚の持続可能な取引は、サンゴ礁への脅威を減らし、ビジネスが環境持続性に貢献することを助け、成魚を捕獲することが幅広い生態系の健全度に負の影響を与えてしまう、という気づきをもたらします。
 

戦略

国際協定と政策の先例は、公海における規制と執行を改善するために必要とされています。CIは、漁業と海洋政策に関する国連の交渉に参加し、公海での漁業のための新しい政策、解決策の促進に、各国の代表と共同で取り組みます。
CIは、国連、および国際的な漁業交渉において、パートナーやCIが現地事務所を持っている国と共同で、各国の政府が公海漁業を改善することに取り組んでいきます。
CIの保全戦略である“シースケープ”1である沿岸地域において、それぞれの国の排他的経済水域(EEZ)内で持続可能な漁業が行えるということを確かめるために、CIは政府と漁業関係者とともに働きます。プログラムには個人の漁師、協同組合、団体の一年間の漁獲量の確保、特定の地域での漁獲量の保障も含まれています。このような事実上の所有権は、管理の向上、そして年々漁獲量を向上させ、持続可能な漁獲量を年々増やすための、インセンティブを生み出します。
CIは同様に、底トロール網などの破壊的な道具を禁止し、非破壊的な漁業用の道具の利用を推進するモデルのような、海洋保護区の共同管理を推進していきます。また、持続可能な養殖漁業が、野生魚の確保への依存を減らすことができるかどうかを探るために、現行のやり方を見直していきます。

4
億ドル規模の鑑賞魚の取引市場を、持続可能な事業へと転換するために、CIは業界内での基準を開発するトレーダーたちと、成魚よりもむしろ幼魚を捕獲して育成する方法である「larval grow-out」を通じて観賞魚を増やす、コミュニティの双方と活動していきます。このプロセスは、持続可能な地域の生活を生み出す可能性を秘めています。

 
1) シースケーププログラム・・・ CIが取り組む、海洋管理への理解を向上させるためのプログラム