アトランティック・フォレスト
​A Golden Lion Tamarin (Leontopithecus rosalia) from the Atlantic Forest, Brazil
© CI/Photo by Haroldo Castro
 

南米のアトランティックフォレストには2万種に及ぶ植物種の宝庫であり、その40%は現地固有種ですが、現在、その森の10%以下しか残っていません。ブラジルの北東部のムルチ生態保護区域の近くの小さな場所にのみ生息する、3種類のライオンタマリン、6つの鳥類種を含め、20種類以上の脊椎動物が絶滅の危機に瀕しています。 およそ950種類の鳥がこのホットスポットに生息し、アカハシホウカンチョウ、ブラジルのオウギアイサ、その他絶滅の危機に瀕した多数のオウム種などが含まれています。

サトウキビプランテーションに始まり、後にコーヒープランテーションができるなど、この地域は何百年もの間に動植物の生息地を失ってきました。 今、リオデジャネイロとサンパウロは拡大の一途をたどる一方で、アトランティックフォレストは都市化に関連する問題から、深刻な影響を受けています。



概説

アトランティックフォレスト、別名マタアトランティカは北はリオ・グランデドノルテから南はリオ・グランデドスルまで、ブラジルの大西洋岸に沿って延びています。 そして、東パラグアイ、アルゼンチン北東のミシオネス州の内陸に、またウルグアイに向かった海岸沿いにも狭く伸びています。 また、このホットスポットには、フェルナンドデノロハの沖合列島やブラジル海岸沖の島々が含まれています。

アトランティックフォレストは、南米のその他主要な熱帯雨林から長く孤立しており、極めて多様で、固有な植物と森林が混在しています。 ホットスポットの2つの主要な生態地域の一つは、アトランティックフォレストの沿岸林で、そこは、その地域の約20パーセントをカバーする沿岸沿いの約50-100キロメートルの細長い土地です。もう一つは内陸のアトランティックフォレストで、南部ブラジル山麓を横切って延びています。これらの森林は、内陸側に500-600キロメートル、海抜2000メートルも高い場所にまで及んでいます 。アトランティックフォレストの植生は、高度により、少なくとも3つあります。海岸平野の低地森林、山岳森林、高所の草原 (campo rupestre)です。