コーカサス
​Sheep and goats in the Caucasus, Georgia.
© CI/Photo by Olivier Langrand
 

砂漠、サバンナ、乾燥性の高木林によって構成されるコーカサスのホットスポットには、非常に多くの固有の植物種が生育しています。

その起伏の激しい地形は、絶滅の危惧種であるヤマヤギの生息地でもあります。

近年、その地方の政治・経済危機のために、不法な狩猟や植物採集が行われる他、燃料用の薪にする森の伐採が増加し、その地域固有の生物多様性を脅かしています。このため、手付かずの生息地の大半は、山々の高所地域に残るのみとなっています。


概説

コーカサスのホットスポットは、グルジア、アルメニアとアゼルバイジャンの国、ロシア連邦の北コーカサス地方(ダゲスタン共和国、チェチェン共和国、イングーシ共和国、北オセチア共和国、カバルダ・バルカル共和国、カルチャイ・チェルケス共和国、アディゲ共和国)、トルコの北東部、北西イランの一部になり、全体で532,658kmにわたります。このホットスポットは南側では、イランーアナトリア高原のホットスポットにつながっています。

コーカサスの地形は、大コーカサス山脈(最高峰は5642mのアルボルズ山)、小コーカサス山脈(4000mまで)、南コーカサス高原(小アジア、アルメニア、イラン高原を含む)、大コーカサス山脈と小コーカサス山脈の間にあるトランスコーカサスの低地帯からなっています。2,000以上の氷河が、大コーカサス山脈の1,450平方キロメートルをカバーしています。

北部にあるホットスポットの3つ目が広大な北コーカサス大平原で、その東側部分は海抜ゼロメートル以下にあります。この地域は、年間雨量が150ミリしかないカスピ海沿岸のホットスポットから、4,000ミリも降る、黒海に沿った沿岸の山々まで、気象条件が非常に多様となっています。

コーカサスの植生もまた、非常に多様です。ホットスポットの北部では、西の草原地帯が序々に半砂漠の生態系に移り変わり、東に行くと完全に砂漠になります。中央トランスコーカサスの低地帯では、沼地の森林や、草原、乾燥した森地帯はカスピ海に沿って半砂漠から砂漠に変化していきます。ホットスポット全体に、広葉樹の森林、山岳の針葉樹林、低木林が散在しています。

また、その地域には、2つの第三紀植物群の退避地(黒海の集水地域であるコルキス、カスピ海沿岸のコーカサス南東端にあるヒルカニアン)があります。