CGIらと象牙取引撲滅へ

9/26/2013

アフリカゾウの種の絶滅、持​続可能な開発を損なう自然資本の破壊、そして世界の安全保障を脅かす違法な野生動物取引から守るため、
数百万ドル規模のグローバル・アクション・プランへの参加を決定!

共同プレスリリースを読む (英語)​


ヴァージニア州アーリントン、ニューヨーク州ニューヨーク: クリントン・グローバル・イニシアティブ (CGI) およびアフリカ数カ国政府の支援のもと、コンサベーション・インターナショナル (CI) 4つの環境保全パートナーとともに、違法象牙取引からアフリカゾウを保護するため、3年間で8千万ドル規模の「セーブ・アフリカズ・エレファンツ (Save Africa’s Elephants)」グローバル・アクション・プランへの参加を表明しました。野生動物取引は近年、爆発的に増加しており、世界の経済・安全保障に多大な悪影響を及ぼしているほか、サハラ南アフリカの文化的・生態学的・経済的に貴重で豊かな自然を損い続けています。​

CI共同創設者であり理事長兼CEOのピーター・セリグマンは今週、ニューヨークで開催されたCGI年次総会の壇上で、African Wildlife Foundation (AWF)International Fund for Animal Welfare (IFAW)Wildlife Conservation Society (WCS)World Wildlife Fund (WWF)、そしてクリントン財団副理事長のチェルシー・クリントン氏らとともに、このアクション・プランの「行動へのコミットメント」に全力を尽くすことを表明しました。CICGIのメンバーでもあります。

野生動物取引は、国際経済と安全保障問題に直接関連しており、生態系を傷つけ、テロリスト組織の勢力強化を助長し、人々の生活を脅かしています。CIは、この許しがたい取引に終止符を打つことが、この事実を知る私たち自身の便益にもつながることから、具体的な行動に移すことを宣言しました。

世界で最も高利益の犯罪的行為の一つとして、野生動物の違法取引は年額
70-100億ドルも生み出しており、麻薬売買、人身売買、不法石油取引、模倣物に次いで、5番目に高額となっています。特にアジアで急速にその需要が伸びており、闇市場での象牙価格の高騰は、ゾウの大量殺戮や種の絶滅の危機にまで陥れています。マルミミゾウの個体数は、2002年以降、76パーセントも減少しており、現在では野生には約8万頭しか生息していません。推定では、2012年だけで少なくとも35千頭のアフリカゾウが密猟者に殺戮されたとみられています。象牙は、箸から高級彫刻品まで様々な物に加工され、現在1ポンド約1,000ドルで取引されています。

違法野生動物取引は、テロリスト組織によって急速に増加しており、密猟による収益は、ダルフールのジャンジャウィード民兵団
(Janjaweed)やウガンダの神の抵抗軍(LRA)、ソマリアのアル・シャバーブ、そして先日ケニアのショッピング・モールで発生した殺傷事件の犯行声明を出したアル・カイダ関連組織のような、反政府組織やテロリスト・ネットワークの直接的な財源となっています。民兵やギャング組織の勢力圏は、違法象牙密輸の中継基地として使われており、密猟による収益は武器購入資金に充てられています。​

ゾウは、発展途上国の貧困地域に対し食糧、水、その他の利益を供給している世界中に残された森林や野生生物生息地における重要な構成要素であるだけでなく、野生生物を利用した観光という形で当該地域の主要な経済貢献をも担っています。野生生物利用の観光は、世界中の国際観光のうち
20-40パーセントを占めると推定されています。例えば、ボツワナのゾウを含む野生資源は、当地の主要な雇用と観光関連収入を担っており、ボツワナ政府は将来的な経済成長の動力源として位置づけています。

CI
は、19カ国のアフリカゾウが生息する国と、様々な取り組みを通じて連携しています。私たちは、国家開発計画におけるゾウの保護を徹底することにより、不法ネットワークを撲滅できるよう、各国政府との協働に全力を尽くします。「象牙取引のための違法な密猟に代わるものとして、野生生物を観光資源とする経済的な機会を、現地のコミュニティに提供することができるでしょう」とセリグマンは述べました。

CI
はまた、ボツワナ大統領でCI理事でもあるイアン・カーマ氏に対し、野生生物の不法密猟撲滅に向けた彼のリーダーシップを賞賛します。現在、ボツワナといくつかのアフリカ諸国は、CGIのもと、不法取引のための密猟により野生のゾウの個体数が脅かされなくなるまで、牙と象牙製品の商業的輸出入および国内売買を停止する国家モラトリアムを推進または再宣言することを明言しました。

2012
5月にボツワナがCIと共同開催したサミットは、アフリカ10カ国から集まったリーダーらが「アフリカにおける持続可能性のためのハボロネ宣言」​に署名し、国家会計システムにおける自然資本の取り込みと報告を公約するという成果を収めました。サミットでは、自然商品やサービスを各国の国家計画の中心に置くことにより、持続可能な開発を促進する決意を再認識しました。

ハボロネ宣言の署名国は、今年
10月にボツワナ政府、CI、国連開発計画(UNDP)、そして世界銀行が共催する会合において、これまでの進捗と今後の計画を共有するため、再結集する予定です。​

###


閲覧可能メディア用コンテント
(※以下のリンク先のページから入手可能な画像や動画は、クレジットを明記することを条件に、ご自由にご利用いただけます。)

ゾウと象牙取引の写真とベータカム・ロールの
ダウンロード​ 

詳細のお問い合わせはこちらへ:
 
CIジャパン 磯部麻子(広報担当)
電話: 03-5315-4790 / aisobe@conservation.org

コンサベーション・インターナショナル
(CI)について:
科学、パートナーシップ、そしてフィールドにおける実践を強い基盤として創設されたCIは、長期的な人々の幸福を推進するため、責任ある持続可能な自然保護と世界の生物多様性推進のため社会を活性化します。1987年に創設されたCIはワシントンDC地域に本部を設置し、6大陸29以上の国で800以上のスタッフを配し、世界の1,000以上のパートナーと協働しています。詳細はwww.conservation.orgまたはFacebookTwitterをご参照ください。日本語の詳細はCIジャパンまたはTwitterをご参照ください。

クリントン・グローバル・イニシアティブ
(CGI)について: 
ビル・クリントン米大統領により2005年に設立された、クリントン財団のイニシアティブであるクリントン・グローバル・イニシアティブ(CGI)は、世界の最も緊急性の高い問題に対する画期的な解決策を生み出し遂行するため、世界中のリーダーら召集します。CGI年次総会ではこれまで、150カ国の首脳、20名のノーベル賞受賞者、数百名の優れたCEO基金・NGO代表者、主要慈善家、そしてメディア関係者らを結集してきました。現在CGIメンバーは2,300以上のコミットメントを打ち出し、180カ国以上の国々で4億人以上の人々の暮らしを改善し続けています。資金調達が完了すると、これらのコミットメントは総額約7350億ドルの価値を生み出すことになります。

CGI
はまた、アメリカ国内の経済回復のための共同解決策を創出するためCGIアメリカ大会も開催しています。さらに学部・大学院生らに彼らの身近なコミュニティや世界中の緊急性の高い問題をともに提唱するCGIユニバーシティ(CGI U)も開催しています。詳細はこちらのウェブサイトツイッター​フェイスブックをご参照ください。​​

 

 

Request an Interview

,

,

Related Content

Other Media