KBAウェブサイトがオープンしました!
 

国際環境NGOコンサベーション・インターナショナル(本部 米国、日本事務局:東京都新宿区)は、日本国内の生物多様性重要地域(KBA)の情報ウェブサイト「KBA Key Biodiversity Area ~私たちが残したい未来の自然~」をオープンしました。

KBAウェブサイト: http://kba.conservation.or.jp

日本列島は、その全体が世界に35ヶ所ある生物多様性ホットスポットの一つですが、各地域の具体的な保護対策を進めるためには詳細な地域を特定する必要があり、KBAはそのための手段です。今回オープンする専用ウェブサイトは、KBAの選定基準や選定方法、生物多様性保全におけるKBAの意義といった全般的内容に加え、面積、保護地域の指定状況、関連自治体名といった個別の詳細情報の提供も行うなど、自治体の自然保護担当の方から一般の方々まで、幅広い方々にKBAを知っていただけるように設計されています。なお、ウェブサイトオープンと同時に、一般の方からの写真の投稿受け付けも開始致しました。

ウェブサイトの立ち上げに際し、コンサベーション・インターナショナル・ジャパンの生態系政策マネージャーの名取洋司は、「
KBAは、日本国内にある、世界的視点からの生物多様性の重要地域です。このサイトを通じて多くの人にKBAを知ってもらいたいと思います。1年前に開催されたCOP10で、今後10年で達成すべき世界目標である愛知ターゲットが採択されましたが、KBAウェブサイトを通じてその達成に貢献していきたいと考えています。」と、コメントしています。

 

KBA Key Biodiversity Area)とは・・・

危機性と非代替性を指標とした国際標準的な手法により選ばれる生物多様性の重要地域です。日本のKBAは2011年6月に発表され、北海道から沖縄まで228か所が選定されています。の総面積は国土の18%66,000km2)ですが、その約半分(国土の8%に相当する3km2)は既存の保護地域外にあることが分かりました。

現在、日本では国土の約20%が保護地域に指定されていますが、KBAをすべてカバーするには、この保護地域外分

を含めて、全体で国土の28%を保護する必要があります。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

 

 

KBAお問い合わせ窓口:コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
e-mailkba@conservation.or.jp