ハリソン・フォードがCIの公共広告に登場
 
 
ハリソン・フォードがCIの公共広告に登場 ワシントンD.C.

- コンサベーション・インターナショナル(CI)は、人間の心臓を地球上で最も生物学上最も豊かな地域にたとえ、健全な地球にとっていかに生物多様性が重要性であるかを伝える公共広告キャンペーンを開始しました。ナレーションはアメリカの俳優であり、環境保護活動家としても知られているハリソン・フォード氏。

「人の心臓は、体重のわずか1%ほどに過ぎませんが、我々が生きてゆくのに不可欠なものです。地球にも、地表面積のわずか1%ほどに過ぎないけれど、我々が生きてゆくのになくてはならない地域があります」と広告の中でフォード氏は語りかけます。「それは生物多様性ホットスポットと呼ばれ、コンサベーション・インターナショナルは、それらの地域が永遠に失われてしまうことのないよう保全活動を展開しています。ホットスポットは、世界の60%以上の生物種の生息地です。我々の生きる糧となり、また空気や水を浄化してくれる動植物。その動植物こそが地球を守ってくれているのです。」

世界の25地域からなる生物多様性ホットスポットは地表の陸面積の1.4%にしかすぎませんが、陸生生物種の60%以上が生息地する貴重な地域です。多くのホットスポットは破壊の脅威にさらされており、原生自然環境の90%以上がすでに失われた地域もあります。CIは世界各地でフィールド重視で生態系保全活動を展開しています。現地及び国際的なパートナーシップにより、戦略的かつ科学的なアプローチで、 生物多様性ホットスポット熱帯原生自然地域重要沿岸域の保全を目指しています。

「コンサベーション・インターナショナルのメッセージは前向きです。我々は、生物種絶滅の危機を理解するのはもちろんですが、同時に我々が支援できる解決手段があることにも目を向けるべきだと思います」とフォード゙氏。

ハリソン・フォード氏は、10年以上にわたりCIの理事をつとめており、戦略策定やCIの発展に大きな貢献を果たしています。同氏は、環境に関する数々の受賞経験があり、最近ではハーバードメディカルスクールによる The 2002 Global Environmental Citizen Award(仮訳:2002年環境市民賞)に選ばれました。

CIの会長兼CEOのピーター・セリグマンは、「ハリソン・フォード氏は、問題を理解し、CIの発展に貢献した献身的な環境保護活動家です。生物多様性保護の緊急性と重要性を人々に伝えるというこの公共広告で、彼はまた大きな貢献を果たしてくれました。」

この公共広告は、ニューヨークに本社を置くグリーン・チーム・アドバタイジング(社長兼クリエイティブディレクター、ヒュー・ハフ)のご支援により制作されました。

CIはアメリカの内国歳入法第501条(c)(3)により認可された非営利団体です。この公共広告キャンペーンは活動の一環として、世界の生物多様性の重要性を広く伝えるために行っています。

公共広告はオンラインでご覧いただけます (こちらへ)