インドネシアのグリーン・ウォール・プロジェクト
はじめに
©Aya Uraguchi/CI
ジャワ島に残された貴重な熱帯林と人の暮らしを守るために

グヌン・グデ・パングランゴ国立公園とグヌン・ハリムン・サラク国立公園は、インドネシア・ジャワ島西部に位置する合計約13万ヘクタールの国立公園です。ジャワ島に残された貴重な熱帯林が一帯を覆っています。IUCNレッドリストで絶滅危惧種に指定されているジャワギボン、ジャワクマタカ、ジャワヒョウといったこの地域でしか見られない動物にとっての最後の砦であるとともに、都市を含む周辺住民にとっては、雨季には洪水を防ぎ、乾季には水を供給し続ける天然の巨大な貯水池です。

過去数十年の間に、ジャワ島の多くの森林は、農地への転換や生活を支えるための伐採により失われてしまいました。CIインドネシアが進めるグリーン・ウォール・プロジェクトは、これからも森林の恵みが人々に届くよう、残された森林を守ることを目的としています。郷土樹種をつかった植林、アグロフォレストリー、環境教育、エコツーリズム開発を組み合わせ、国立公園内の森を守ると共に約1万ヘクタールの土地を人と自然に恵みをもたらす林として再生させる計画です。

国立公園周辺のコミュニティとの協働により進める植林は、森林が既に失われてしまった地帯に自然の境界線(グリーン・ウォール)を形成し、国立公園内での更なる森林破壊を防ぐものです。また、アグロフォレストリーを組み合わせることにより、地域住民の収入向上に貢献します。2008年から現在までに、150ヘクタールに対して、住民が選んだ郷土樹種と果樹が植えられました。457人の住民が植え付け作業に参加しています。

また、CIインドネシアは、1998年よりインドネシア林業省および現地NGOとの協働で、当地域の持続可能な環境保全活動に取り組んできました。近年、自然環境管理、環境教育、エコツーリズムの面で先駆的な国立公園として注目を集めており、年間約2000人が訪れています。

森林は、災害を防ぎ、水を安定的に供給し、エコツーリズムや果樹からの収入を生み出すなど、地域の人々に大きな恵みをもたらし得ます。特に、気候変動による豪雨の増加、乾季の長期化、これまで頼っていた農作物からの収入の不安定化が目に見える影響として出てきている今、森林を守り、回復させる取組みが気候変動への適応策としてたいへん重要です。また、巨大な炭素の貯留庫である森林の減少・劣化を防ぐことは、地球レベルの最重要課題である気候変動を軽減し、持続可能なレベルに抑えるために必要不可欠です。

森林が抱える問題は多面的です。グリーン・ウォール・プロジェクトでは、地域、政府、NGO、企業が力をあわせ、地域と地球の明るい未来に向かって一歩一歩前進しています。

現在、グリーン・ウォール・プロジェクトは、地球環境への影響を減らし、快適な環境を作り出す取り組みのひとつとして、ダイキン工業株式会社からの支援を得ています。



四半期レポート     
__________________________________

​​​​​
​​​​​​​​
​​​