<お知らせ>国際生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の認定連携事業にCIのREDD+推進事業が選ばれました!
 
 
 
「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)​」は、2010年10月に採択された「愛知目標」の達成に向け、生物多様性保全に携わる各セクターの参加と連携を促進するため、推奨する連携事業を認定しています。このたび、CIの「REDD+推進事業」が認定連携事業に選ばれました。

CIの「REDD+推進事業」は、REDD+の仕組み​を活用して、気候変動緩和、生物多様性保全、そして住民の生活向上を目指すものです。様々なステークホルダーを巻き込み、政策的なアプローチ、科学的知見の提供、そして途上国の現場での具体的な取組を推進していきます。

事業紹介ページはこちら

認定のポイント(環境省報道発表資料​より引用):

1. 多様な主体の連携:国、NGO,企業、地域コミュニティなど多岐にわたるセクターが連携しているほか、国際条約の仕組みづくりの中で活用されるなど広域性があります。

2. 取組の重要性:森林の保全と持続可能な利用に対して効果が期待されるほか、温暖化ガス排出権取引だけに頼らない経済的メリットを地域コミュニティに提供するなど、事業を継続実施できる仕組みが組み込まれています。保全のための限られたリソースを効果的に使い、多面的な効果を実現し得る取組です。

3. 取組の広報の効果:気候変動対策、生物多様性保全、持続可能な地域開発が共存する森林保全活動の実例を示すことにより、他の地域への同様の活動の展開が期待されます。

UNDB-J認定連携事業については、環境省および「にじゅうまるプロジェクト」​のサイトをご参照ください。