12月18日(水) COP19・COP/MOP9報告会~NGOはワルシャワ会議をどう見たか、日本はどうするべきか~開催のご案内
 
CIジャパン山下がREDD+についてご報告します!
11/25/2013

COP19COP/MOP9報告会
NGOはワルシャワ会議をどう見たか、日本はどうするべきか

国連気候変動会議が1111日‐22日に、ポーランド・ワルシャワにて開催されました。2015年に合意予定の新しい国際枠組みへ向けた交渉は進展したのか?著しく足りない各国の排出削減量を底上げするための具体的な協力は合意できたのか?そして、日本は、この交渉の中で積極的な貢献をできたのか?

この報告会では、
ワルシャワ会議に参加したNGOメンバーが、会議の成果とその日本にとっての意味を詳しく解説します。
CIジャパンからは、気候変動ディレクターの山下がREDD+の交渉について解説します。

皆様ふるってご参加下さい!

日時: 20131218() 14:00-16:30
場所: 日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール ​​アクセス

東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3 (*C4出口工事中)・B2出口より徒歩約5
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3
東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」A14出口より徒歩約7
JR新橋駅 日比谷口より 徒歩約10

参加費: 1,000 (学生・共催団体会員 500)

<プログラム>
・ダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)での 新しい国際枠組みをめぐる議論について
2020年までの温暖化対策の取り組みについて
資金・REDD+等個別論点について
・今後の日本での温暖化対策のあるべき姿について

(*予定。会議の結果を受けて変更の可能性があります。)

共催:WWFジャパン、気候ネットワーク、FoE Japanオックスファム・ジャパン、グリーンピース・ジャパン、地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)環境エネルギー政策研究所(ISEP)レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部(RAN)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)CIジャパン

(*平成25年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の
助成により開催されます。)

お申し込み方法などの詳細はこちらからどうぞ。

131108FlyerForReportingSeminar_Final.pdf131108FlyerForReportingSeminar_Final.pdf


「地球温暖化の国際交渉 COP19・COP/MOP9報告会 
NGOはワルシャワ会議をどう見たか、日本はどうするべきか~」
報告会
於: 日比谷図書文化館日比谷コンベンションホール(東京)

DSC07696.jpg

COP19report-KY.jpg











REDD+について発表する
CIジャパン気候変動ディレクター山下加夏


当日の模様と発表資料は
こちらのリンクからご覧ください