シンポジウムのお知らせ

第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム

「沿岸生態系を活用した防災と減災’Eco-DRRの主流化と課題」

仙台で開かれる、国連防災世界会議パブリック・フォーラムにて、3月15日(日)にCIジャパン代表理事の日比保史が「コミュニティが生態系を活用した防災に果たす役割」について、講演します。
参加ご希望の方は、以下をご確認の上、東北大学生態適応センターまでお申し込みください。

2015年3月15日(日) 13:15~15:50
東北大学川内北キャンパス C206

<プログラム>
コンビナー:
占部城太郞(東北大学大学院生命科学研究科 教授)
竹本徳子(立教大学経営学部 プログラム・コーディネーター)

13:10 はじめに

東北大学大学院生命科学研究科 教授 中静透

13:20 基調講演
「生態系を基盤とした防災・減災:科学と政策(仮)」
国連大学環境・人間の安全保障研究所
環境脆弱性と生態系サービス課 課長 Fabrice Renaud

13:40 講演1
「生態系を基盤とした防災・減災と気候変動適応対策の促進に向けて」
国際自然保護連合 シニア・プロジェクト・オフィサー 古田尚也

13:55 講演2
「コミュニティが生態系を活用した防災に果たす役割」
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン 代表理事 日比保史

14:10 講演3
「東日本大震災の津波復興における巨大海岸構造物に対する
Eco-DRR代替案と既存土地制度との相克」
九州大学大学院工学研究院 准教授 清野聡子

14:25 休憩  仙台湾・気仙沼からの報告

14:35 報告1
「Eco-DRRの源泉としての海岸エコトーンモニタリング」
東北学院大学教養学部 教授 平吹喜彦
南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク

14:45 報告2
「蒲生に楽しい防災公園を」
仙台の高校生で考える防潮堤の会(仙台教育技術研究所)

14:55 報告3
「生態学的土地・資源管理の一環となる環境形成技術について」
東京大学空間情報科学研究センター 協力研究員 廣瀬俊介

15:05 報告4
「東日本大震災の津波被災地の子どもを対象としたESDプログラムの役割と展望」
東京農工大学大学院連合農学研究科 秦範子

15:15 報告5
気仙沼市小泉地区「子ども小泉学」受講生報告

15:25 総合討論、提言の採択
※ プログラム(タイトル等)は一部変更になる場合がございます.ご了承ください.

 
主催 東北大学大学院生命科学研究科生態適応センター
後援 環境省東北地方環境事務所 国際自然保護連合
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
協賛 サラヤ株式会社

お申し込みは、こちらのフォームをご記入の上、ご送信ください。 

お問い合わせ 東北大学生態適応センター
Tel: 022-795-3637 e-mail: eac@g-mail.tohoku-university.jp

poster_jp0001.jpg