Intro Photo Large

Remove this module

Section Info

EditPhoto Title:2015年 気候変動交渉
EditPhoto Description:2015年11月30日~12月11日、フランス・パリ
EditImage Url:/SiteCollectionImages/ci_39775070_Medium.jpg
EditImage Description:アメリカ合衆国サウスキャロライナのコンガリー国立公園
EditPhoto Credit:© Trond Larsen
EditPhoto RenditionID Small:5[Optional]
EditPhoto RenditionID Webkit:6[Optional]
EditPhoto RenditionID Medium:7[Optional]
EditPhoto RenditionID Portrait:8[Optional]
EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]


新たな国際枠組みへの合意を目指し、気候変動枠組条約第21回締約国会議(UNFCCC-COP21)がフランス・パリで開催されます。

COP21は、地方、国、そして国際レベルで増えている気候変動問題への取り組みの転換期であり、新たな道の始まりです。共に課題へ立ち向かうために、意識を啓発する機会であり、革新的なアプローチを特定します。より多くの参加を促し、進行中の議題について話し合われます。

​​Text with Image or Video

Remove this module

Title

EditHeader:CIのアプローチ:自然に価値をつけることとコラボレーション
EditAnchor tag for sticky nav:[Optional]

Sections

Image and Text

EditImage Position:leftLeft
    EditSection Title:
    EditSection Title Style:h3Green
      EditImage URL:/SiteCollectionImages/ci_65968704_Medium.jpg
      EditImage Description:南米ブラジルのシングー国立公園
      EditText:CIは、自然こそが気候変動問題に対処するための最善策であると信じています。 生態系とその恵みを守ることは、気候変動の原因を緩和し、影響に適応するために、最も即効性があり、効果的な解決策の一つです。 この解決策を実行するには、共に取り組む必要があります。CIは、新たな気候変動交渉の合意に、国際的な協力が盛り込まれることを期待します。気候変動へのアクションは、政府だけの責任ではありません。-地元コミュニティ、市民社会、企業-みなそれぞれが役割を果たす必要があります。特に、企業の行動は、未来の気候への強靭性を高め、低炭素社会へ移行するためには、極めて重要です。COP21は、セクターを越えて、共に課題に取組む新たなパートナーシップを構築するための機会となるでしょう。
      EditLink for Header and Image:[Optional]
      EditPhoto Credit:© Luana Luna
      EditPhoto RenditionID Medium:31[Optional]
      EditPhoto RenditionID Large:9[Optional]
      Add Image and TextAdd Video and TextAdd Image Thumbnail List


      COP21に対するCIの考え方​

      ​​​​​​​​​​​​​​​​Call Out Blue Box

      Configuration

      EditBox Position:rightRight
      Remove this module

      Rows

      Call to Action

      EditBox Heading:本件に関するお問い合わせ
      EditText Paragraph 1:Conservation International Japan
      磯部 麻子 / Asako Isobe
      Marketing&Development, 広報担当
      Email: aisobe@conservation.org TEL: 03-5315-4790
      EditText Paragraph 2:
      EditLink Caption: [Optional]
      EditLink URL: [Optional]
      EditLink Type:link--caret-right--newlineLink with Arrow
      ​ ​
      Add row

      CIは、気候変動に関する国際合意に、自然を活用した気候変動対策(緩和、適応)に関する記述が含まれることを望んでいます。具体的には、以下の通りです。

      • 自然が温室効果ガスの排出削減、炭素の貯留、気候変動の影響への対抗力の強化に重要な役割を果たすことを公式に認識すること。
      • 緩和と適応の両方で国際的な目標があること
      • 個々の国の約束が、気候変動対策の結果、強固な社会環境的な成果をもたらすものであること。
      • 自然を活用した気候変動対策について、透明性が高く、一貫性があり、比較可能で、完全で、正確なアカウンティングルールが含まれること。
      • 試行の末、その有効性が証明されている、REDD+、ブルーカーボン、生態系を活用した適応策といった気候変動対策の実施を促すために、自然を活用した気候変動対策に対して予測可能で適切な資金フローが確保されること。なお、これらの施策は、国際合意が発効する2020年の以前においても、大規模な排出削減と吸収を可能にします。

      Publications Carousel - Individual Items

      Module Configuration

      EditSection title:CIのポジションペーパー
      EditTitle Style:h1 h1__carouselHeading 1 Centered
      EditAnchor tag:[Optional]

      Column Items

      Add a Column Item
      Remove this module
      ​​

      More of Our Work Links

      Remove this module

      Section Configuration

      EditAnchor tag for sticky nav:[Optional]
      EditImage RenditionID Small:21[Optional]
      EditImage RenditionID Webkit:22[Optional]
      EditImage RenditionID Medium:23[Optional]
      EditImage RenditionID Webkit Medium:24[Optional]
      EditImage RenditionID Large:25[Optional]
      EditImage RenditionID Webkit Large:26[Optional]

      Images Rows

      First Image

      EditTitle:なぜ気候が重要なのか?
      EditImage:/SiteCollectionImages/ci_30785027.jpg
      EditLink:/global/japan/Pages/climate.aspx
      EditImage Alt Text:Night falls over Rio de Janeiro © Nikada

      Second Image

      EditTitle:気候変動交渉に関する政策提言
      EditImage:/SiteCollectionImages/ci_61817447.jpg
      EditLink:http://www.conservation.org/global/japan/Pages/climatepolicy.aspx
      EditImage Alt Text:Moscow skyline at sunset. © Dmitry Mordvintsev

      Third Image

      EditTitle:ブルーカーボン
      EditImage:http://www.conservation.org/SiteCollectionImages/ci_40802177.jpg
      EditLink:/global/japan/Pages/bluecarbon.aspx
      EditImage Alt Text: